進 寛史

第一期生

進 寛史

基礎工学研究科 システム創成専攻

インタビュー

子どもの頃からロボット一筋

「ロボットの分野で博士になりたい」。小学校低学年の頃からそう思っていたそうだ。小さい頃から工作が好き。ミニ四駆やプラモデル等をよく買ってもらっては、作ったり壊したりしていた。壊れた携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」2台の部品を組み合わせて修理したり、ゲーム機「プレイステーション2」を開けて壊してしまったりした思い出もある。

「難しい工作って何だろう」と考え、究極に難しそうに思えたのがロボット作り。映画「ターミネーター2」に登場するヒューマノイドロボットを見て、こんなロボットを作りたいと思ったそうだ。映画「アイ、ロボット」に登場するヒトのような身体構造のロボット、そしてホンダが2000年に発表した「ASHIMO」も印象に残った。それらが、「人間に近いロボットを作りたい」という今の研究につながっている。

人のように2本足で歩かせたい

自身の制作したロボット

現在は2本足で歩くロボットの研究をしている。「2本足で人間のように歩かせたい」。人のように上手く歩くロボットならば、狭いスペースでも動けるので人間環境に適応しやすく、様々な場面での人との共同作業を想像できる。

これまであまり注目されていなかった股関節の役割に注目し、安定した2本足歩行に役立てようと考えている。股関節にくっついている20本以上の筋が、歩行の安定に重要な役割を果たしているのではないか。柔らかい筋の配置を工夫することで、膨大な計算をしなくても、うまく歩けるのではないかと研究を進めている。

ロボットが人間と一緒に歩いている世界を実現させたい

医学や工学など、多彩な分野の研究成果を融合させることが不可欠なロボット研究。幅広い世界を知りたいと選んだHWIPでは、分野の違う優秀な同期生たちに刺激を受けた。「優秀な同期生がいるおかげで、自身の現状に満足すること無く努力ができる」。

HWIPのインターンシップで、ドイツ・ダルムシュタット工科大を約3か月訪問した。「ドイツの研究室の人たちは、大学にいる時間は日本に比べて短いが、昼休みさえ常に研究の話をしているほど、集中度が高かった」。常に英語の環境下で、様々な国から来た研究者と議論し、刺激を受けた。

将来は、大学などの研究機関でロボット研究を続けたいと考えている。ロボットが身近にいて、人間と一緒に歩いているような世界が、自分が研究することで少しでも早く実現出来たらと思っている。

2016年12月インタビュー