[:ja]大石 浩輝[:en]Oishi, Hiroki [:]

第四期生

生命機能研究科  生命機能専攻

[:ja]大石 浩輝[:en]Oishi, Hiroki [:] おおいし ひろき

大阪大学 基礎工学部      

[:ja]

共に博士を目指す仲間との出会い

Q プログラムに応募した動機およびプログラムの魅力は?

博士取得を目指している仲間との交流できることです。自分のラボだけに籠らないで、他の博士取得を目指している学生と切磋琢磨していけたら嬉しいです。
異分野の学生と交流できるという意味でも楽しみです。プログラムでは、認知・脳科学と情報科学の融合研究をしたいと考えています。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私の専門は認知・脳科学です。MRIを使ってヒトを対象に脳計測を行い、視知覚成立のメカニズムを研究しています。特に、DMRI(diffusion MRI)という手法で脳の白質を対象に研究しています。プログラムでは、情報科学の研究者と共に、脳の神経ネットワークを情報通信ネットワークとしてモデル化を行い、脳の情報通信ネットワークを明らかにしたいと考えています。

Q 将来の夢・目標は?

自分のやってきたことが研究業界への貢献だけでなく、社会の誰かの役に立っていれば嬉しいです。[:en]

Meeting other researchers aiming for a doctorate

Q What was your motivation for joining the program, and what about the program appeals to you?

The opportunity to interact with other doctoral students appealed to me. Rather than remaining confined to my laboratory, I hope to engage in friendly competition with other students who are also working toward a doctoral degree. I’m also looking forward to interacting with students from other disciplines. While in the program I hope to pursue inter-disciplinary research with colleagues in cognitive/brain science and information science.

Q What is your expertise and who do you want to develop it with the program?

I specialize in cognitive/brain science. In my research I use MRI to measure human brain function and explore the mechanisms of visual perception. I focus especially on white matter in the brain using a method called DMRI (diffusion MRI). In the program, I hope to work with information science researchers to model the brain’s neural network as an information communications network, in order to shed light on the processes of information transmission in the brain.

Q What are your future dreams and goals?

I would be happy if the research I conducted not only contributed to academia but was also useful to somebody in wider society.[:]