成願 元喜

第八期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

成願 元喜 じょうがん げんき

大阪大学基礎工学部      

ロボットの研究を通して、人間の価値を見出したい

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

自分の卒業研究を進めていく過程で、1つの分野のみではなく異分野の知識や考え方が研究を発展させる大きな力になると気が付きました。例えば私の専門分野であるロボットの研究においても、人間や他の生物の脳や体の仕組みを参考にロボットを設計することや、ロボットに実装するアルゴリズムや計算機の仕組みについて深い理解が必要な場合があります。こうした異分野の知識を自分が身に着けるのはもちろん、その専門知識を持った他の研究者と共に考えることで、新たな可能性を発掘できると期待しています。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私の専門分野は移動ロボットの利用についての研究です。人同士が歩くときのような自然な移動が、人とロボットの間でも実現するにはどうすればいいかを考えています。移動ロボットを使った研究ではどうしても実機の不調などでうまく実験や研究が進まないことが多いですが、私はそういったトラブルがある中でも粘り強く作業を進めることが得意であると自負しています。本プログラムでの融合研究でもこの粘り強さを生かして、研究を前に進める力をさらに養いたいと思います。

Q 将来の夢・目標は?

これからますますロボットやIT技術で生活は便利になり、仕事は自動化されていきます。そのような時代の中で、人間が働くこと、人が人にサービスをすることの意味や価値を見出せたらいいなと思っています。そのために私個人としては、実用的なロボットの開発に貢献したいです。