[:ja]志垣 沙衣子[:en]Shigaki, Saeko[:]

第三期生

情報科学研究科  情報ネットワーク学専攻

[:ja]志垣 沙衣子[:en]Shigaki, Saeko[:] しがき さえこ

大阪大学基礎工学部出身      

[:ja]

『やらされている』感がなく、忙しくしていても充実感がある。

Q プログラムに応募した動機は?

私は専門だけにとらわれず、幅広い視点や考え方をもった研究者になりたいと考え、さまざまな分野の研究者と交流を持てることを期待してこのプログラムに応募しました。多種多様な専門を持った学生や留学生と研究について真剣に議論することができ、またその中でいかにリーダーシップを取っていくべきかを学べるので、私にとってこのプログラムは期待以上だったと思います。

Q プログラムの魅力は?

多彩なバックグラウンドを持つ人と交流できることに加えて、自由度の高さがこのプログラムの大きな魅力だと思います。卒業のためにしなければならないことが最低限に抑えられており、学生が自分たちで積極的に何かを企画するための余地が十分に残されているため、何かを『やらされている』という感がなく、忙しくしていても充実感があります。

Q 将来の夢・目標は?

私は将来、専門に凝り固まらない広い視野と柔軟な考え方を持ち、周囲から頼りにされるような研究者になりたいと考えています。
研究分野としては、人の日常生活に関わる研究をしたいと思っています。特に家の中で人が快適に生活できるように支援するシステムを開発し、そのシステムを自分の家に導入して悠々自適に暮らすことが今の目標です。[:en]

There’s no sense of being forced to participate: I feel fulfilled despite the hard work.

Q: What was your motivation for joining the program?

I want to become a researcher with a broad and flexible mindset not tied simply to my own field of specialization. I applied for this program in anticipation of the opportunities to interact with researchers from a diversity of fields. In the program I can engage in genuine dialogue on research-related matters with domestic and international students with a wide variety of specializations, and learn what it takes to exercise leadership in such an environment. In this sense, the program has exceeded my expectations.

Q: What about the program appeals to you?

In addition to the interaction with people from diverse backgrounds, I really appreciate the high degree of freedom the program offers. The compulsory requirements for completion are kept to a minimum, leaving students with plenty of space to take the initiative in planning their own activities. There’s no sense of being forced to participate: I feel fulfilled despite the hard work.

Q: What are your future dreams and goals?

In the future, I hope to mature into a researcher who is trusted by those around me and equipped with flexible thinking and a broad perspective that is not tied solely to my field of specialization.
I would like to pursue research that it connected in some way to people’s everyday lives. Specifically, my current goal is to develop support systems that enable people to live more comfortably within their homes, and to apply those systems within my own home so I can enjoy a life of leisure.[:]