[:ja]佐藤 優志[:en]Sato, Yushi [:]

第七期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

[:ja]佐藤 優志[:en]Sato, Yushi [:] さとう ゆうし

大阪大学基礎工学部      

[:ja]

進化は止まらない

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

僕はこれまで閉鎖的な環境で育ってきたため、同世代の人と協力して何か物事を成し遂げるという機会がほとんどありませんでした。ヒューマンウェアでは、普通に生きていたら知り合えない同世代の学生と一緒に融合研究ができますが、そのことが僕にとっては非常に魅力的でした。また、専門研究では融合領域に関連する分野を研究しているため、ヒューマンウェアで学んだことを専門研究に役立てられると思ったことも志望動機の一つです。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

専門研究では、投影型複合現実感を活用して人間の身体能力を拡張する際に、ユーザと拡張部をシームレスにつなぐために重要なことについて研究しています。ヒューマンウェアでは、融合研究などでシステム製作を行う場合に、僕の知識を活用して、より人が使うことを考慮したシステムにしていきたいと思います。

Q 将来の夢・目標は?

世の中の様々な問題を発見し、解決し、それを発信していけるオールラウンダーになることです。ようするに何でも屋さんになりたいってことです(笑)[:en]

Keep evolving

Q What was your motivation for joining the program, and what about the program appeals to you?

Because I grew up in a closed environment, I had few opportunities to work with classmates. In HWIP, I can conduct interdisciplinary research with classmates whom I would not have known if I didn’t join HWIP. That was very attractive to me. Also, one of the charms of HWIP is that what I learned in the HWIP can be useful for my specializations research.

Q What is your expertise and how do you want to develop it with the program?

In research specializations, I am researching the key to seamlessly connecting the user and the extended body when expanding human body ability by utilizing spatial mixed reality. In HWIP, I would like to use my knowledge to create a human-friendly system when making a system for interdisciplinary research.

Q What are your future dreams and goals?

To become an all-rounder who can discover, solve, and spread various problems in the world. In short, it means to become a jack of all trades![:]