楊 剣

第二期生

楊 剣

情報科学研究科 情報数理学専攻

インタビュー

To improve is to change; to be perfect is to change often

中国・大連理工大学の出身。子どもの頃は宇宙に興味があったという。高校の社会科教師である母親の影響で、社会学や歴史分野の本もよく読んだ。

モットーは、英国の政治家ウィンストン・チャーチルの「To improve is to change; to be perfect is to change often」。小学校の頃に教えてもらった。中国では受験の競争が熾烈だ。学生たちはみな中学校時代から、朝7時から夜10時までは学校で、そして帰宅してからも12時ぐらいまで勉強していたという。「学生たちはみんな、自分をimprove するために日々努力し、競争を楽しんでいました。自分自身をもっと改善、changeしたくて、このセンテンスに惹かれました」。

当時、中国では新興インターネット企業が増えて注目を集めていたいたことから、大学進学時にはコンピューターサイエンスを選んだ。

大学院では人工知能を研究

大学院で現在研究しているのは、ディープラーニングの分野だ。ニューラルネットワークを使って映像情報の分析を手がける。例えば、競走馬の走っている動画を分解した300枚の画像を入力すれば、それに続く10枚を予測できるようにする。「画像の中に含まれる情報を取り出して、人工知能でそれを分析し、そこに発生していることを人工知能に発見させて、展開を予測させることを目指しています」。

日本のアニメが好きだったことも、研究に関係しているかもしれないという。『SLAM DUNK』(井上雄彦)、『ドラゴンボール』(鳥山明)などのアニメは中国でも人気があった。作者の画風を人工知能に学ばせると、その後のストーリーを書いてくれるようなことが期待できるかもしれない。日本のアニメは世界で人気だが、人手不足が深刻になりつつある。「作画における人の手間を減らすのに、自分の研究が役立つかも知れません」。

東アジア発のコンピューターサイエンスを

両親は米国への留学を望んでいたが、欧米よりも、同じ東アジアに属する日本の社会や文化に関心を持ち、大学院は日本を選んだそうだ。さらに、情報科学だけでなく、生物学系の知識に触れられることに魅力を感じ、HWIPを選んだ。「日本は医学や生物分野の研究が優れているというイメージを持っていたので、生命機能研究科など異分野のことも学べて、違う専門の人とも交流できるのは、とても良い経験になると思いました」。

将来は研究職を目指している。コンピューターサイエンスの分野で、プロトコルやスタンダード作りで先行する欧米に対し、日本や中国、韓国など東アジアからもっと貢献していきたい。この地域が、コンピューターサイエンスの分野で世界をリードしていけるような業績をあげたいという。

2016年12月インタビュー


  • Visiting the Lunar rover in National Air and Space Museum of the US
  • In group discussion during the first ever camp since my becoming a member of the HWIP