島谷 二郎

第三期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

島谷 二郎 しまや じろう

[ 大阪大学理学部出身 ]

研究者、工学者という立場から、教育に役立つ何かを生み出すことが私の目標です。

Q プログラムに応募した動機は?

カリキュラム(とくに自分で考えていろいろやれるところ)が楽しそうだったので。あとは魅力的な同世代の研究者に多く出会えることを期待して、応募しました。実際に、ヒューマンウェア生として過ごしてみて、これは間違いではなかったと実感しています。

Q プログラムの魅力は?

専門が異なる人々と毎週のように気軽に議論できる環境は、融合型のリーディングプログラムの利点の一つです。とくにヒューマンウェアは各々の分野が近すぎず、しかし関連しあっている部分も多いので、お互いに有益な議論となることが多いです。

Q 将来の夢・目標は?

教えることがもともと好きなのもあり、何か「教育を変える(役立つ)研究」をしたいと考えています。教育(あるいは指導)は日常生活のいたるところで頻繁に行われる行為であり、特に幼少期の家庭教育、学校教育はその後の人格形成に大きな影響を与えます。また、少子高齢社会の日本においては、子ども一人ひとりに質の高い教育を提供することが大切となります。研究者、工学者という立場から、教育に役立つ何かを生み出すことが私の目標です。