仲間が一堂に集い交歓 〜プログラムスタート50日を祝い、懇親会を開催しましたComing together to celebrate: HWIP turns 50 days old

 

topics20130522_1On May 22, exactly 50 days after the program officially commenced, faculty members and students gathered for a special celebration. Following a toast by Professor Shojiro Nishio, attendees mingled informally, sharing their hopes for the program’s success.

topics20130522_2When proposing the toast, Professor Nishio commented: “Even within the same class, there are always people you don’t get a chance to talk to. I hope you will make the most of the opportunity to talk with those people today. If you have any concerns, feel free to approach me or another faculty member. We will do our best to advise you, whatever the problem may be.” Throughout the gathering, students mixed actively with professors and students from other graduate schools, bringing all participants in the program closer together.

-->


仲間が一堂に集い交歓 〜プログラムスタート50日を祝い、懇親会を開催しましたComing together to celebrate: HWIP turns 50 days old

 

topics20130522_1

プログラムスタート50日目に当たる5月22日、プログラム担当教員、履修生が集まり、懇親会が開かれました。プログラムを実りあるものにしようとの誓いを胸に、西尾章治郎教授の乾杯の音頭に続き、和やかに会は始まりました。

topics20130522_2

西尾教授は、「同じクラスに所属していても、なかなか話す機会がない人も多い。そんな人々と今日はいっぱい話をしてほしい。また、困ったことがあったら、我々教員に言ってください。何でもできる限り相談にのりますよ」。会場のあちこちで、これまで話す機会の少なかった教授や異なる研究科の履修生と語らい合う姿が見られ、お互いの距離がぐんと縮まったようでした。