[:ja]八木 聡明[:en]Yagi, Satoshi[:]

第五期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

[:ja]八木 聡明[:en]Yagi, Satoshi[:] やぎ さとし

大阪大学 基礎工学部      

[:ja]

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

ヒューマンウェアプログラムでは生物や情報,認知科学など自分の専門以外の異分野の研究者と交流する機会や学習プログラムが用意されています.今後,工場などの作業現場から人間の生活環境へとロボットの利活用の場が移り変わる上で上記の知見をロボティクスの研究者が身に着けていることは必要不可欠だと考えています.ヒューマンウェアプログラムを通して研究対象を多面的に捉える能力が培われることを期待しています.

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私は人と関わるロボットをテーマに研究しています.日本では少子高齢化が進み労働力の代替としてロボットが挙げられています.しかし,現状ロボットが人間の生活環境に馴染むためにはロボット側の技術的な課題だけでなく,人間側がどうすれば自然にロボットを受け入れられるかも考える必要があります.前者のロボット側の技術的課題は現在研究しているテーマであり大学院の専攻で学ぶことで知見を深めることができますが,後者はヒューマンウェアプログラムを通じた複合領域の知見からでないと見えてきません.この両方向からの知見によって人間がロボットに求める要素は何なのかを知り,ロボットの機能や動作に還元できることを確信しています.

Q 将来の夢・目標は?

私はこれまでに培ったロボット製作のノウハウを最大限に活用しロボットが社会に受け入れられるための技術を確立するとともに本プログラムで取り組む融合研究や複合領域の知見で人がロボットを受け入れる方法を独創的な視点から提案してロボットに実装することで,ロボットが人間の生活に定着する社会を先導できる研究者になりたいと考えています.[:en]

Q What was your motivation for joining the program, and what about the program appeals to you?

Humanware is a study programme that offers researchers interdisciplinary interaction with other various fields like biology, informatics and cognitive sciences.
Currently, industries from manufacturing to social robotics are eagerly scouting for interdisciplinary trained researchers to keep up with the ever-changing global environment. As such, the Humanware programme aims to foster the ability to conduct such multifaceted research in its researchers.

Q What is your expertise and who do you want to develop it with the program?

My research in the Master course involves Human and Robot interaction. For an aging society like Japan, robots are seen as part of the solution to an increasing shortage of labour.
However, for robots to become truly useful in society, I must consider not just the technical process of how robots can adapt to human environments, but also place equal importance on creating robots that humans can naturally relate to.
In my master’s programme, I am able to deepen my technical expertise of robot creation. However, Humanware provides me the opportunity to expand beyond my field of learning. This expanded understanding provides insight into what humans require from robots, allowing me to align functions and operations to create a robot that I believe may be able to serve society.

Q What are your future dreams and goals?

To state more succinctly, I am motivated to create a robot that can be of benefit to society by maximising the knowledge gained from the various subjects of research. With the intersection of technical skills from my Master’s study, and the knowledge of human-robot interaction provided by Humanware, I hope to bring a fresh and original perspective to robotics.[:]