[:ja]内田 貴久[:en]Uchida, Takahisa [:]

第四期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

[:ja]内田 貴久[:en]Uchida, Takahisa [:] うちだ たかひさ

大阪大学 基礎工学部      

[:ja]

新しいことがしたい。それがこのプログラムでできると思った。

Q プログラムに応募した動機およびプログラムの魅力は?

もともと学際分野に興味があったことと、対話システムの研究しているなかで、様々な分野と融合させると面白そうだなと思ったことがきっかけでした。それに加え、多様なバックグラウンドをもつ研究者と議論できる機会は、自分の研究だけでなく、人間としても成長できる場であると思います。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私の専門はシステム工学であり、現在は特に、対話システムの研究をしています。人間の持つ知能の代表とも言える対話能力を、このプログラムで複眼的に捉えることで、システムを構築するだけでなく、生体・情報科学のフィードバックをかけながら新たな視点を切り開きたいと考えています。

Q 将来の夢・目標は?

世界に笑顔をもたらす研究をすること。[:en]

Fulfilling a desire to do something new

Q What was your motivation for joining the program, and what about the program appeals to you?

I was motivated to apply for the program due to my pre-existing interest in interdisciplinary research, and also because I thought it would be interesting to integrate a variety of disciplinary approaches as I pursued my research on dialogue systems. In addition, I thought that the opportunity to engage with researchers from such diverse backgrounds would help me to grow not only as a researcher, but as a person.

Q What is your expertise and who do you want to develop it with the program?

I specialize in systems engineering, and my current research focuses especially on dialogue systems. The capacity for dialogue is one of the representative features of human intelligence. In this program I would like to develop a more multifaceted understanding of dialogue not only to build systems, but to pioneer new approaches by applying feedback from bioscience and information science.

Q What are your future dreams and goals?

To do research that brings smiles to the world.[:]