谷口 大

第七期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

谷口 大 たにぐち だい

大阪大学基礎工学部      

人間の認知メカニズムを解明し、不思議な体験を与えたい

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

もともと分野に拘らず学ぶことが好きであったため異分野の知識を得ること、異分野からの新たな視点を持って自分の研究を行うこと、モチベーションの高いメンバーからの刺激を得ることの3つを求めて応募しました。僕が考えるプログラムの一番の魅力は、所属している研究室以外に研究に関するコミュニティを持つことができることです。不思議なことに研究室内では話しにくいこともヒューマンウェアのメンバーには話せてしまいます。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

自分は人間の認知メカニズムを解明して人間に不思議な体験を与えたいというモチベーションから、ロボットと映像を組み合わせた情報伝達メディアについて研究しています。それに関連して、現在はロボットが仏教を伝える「アンドロイド観音」のプロジェクトにも参加しています。本プログラムでは生命科学のミクロな観点や情報科学の複雑なモデルを用いることにより、多角的な視点から人間の認知メカニズムを解明し、不思議な体験を与えるデバイスを開発したいと考えています。

Q 将来の夢・目標は?

抽象的ですが、自分だけの面白いキャリアを歩み、周りの人間に影響を与える存在になることです。
今は研究者にもエンジニアにもアーティストにもなりたいと思っています。