高山 裕介

第七期生

情報科学研究科  情報システム工学専攻

高山 裕介 たかやま ゆうすけ

名古屋大学工学部      

好奇心と実益の両立

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

興味を持ったのは,人の脳に情報やロボティクス等の側面からアプローチできるのでは,という点でした.複数の研究科の人間が集まるというのはなかなかユニークですし,奨励金がでるのも魅力的でした.ですが決め手になったのは,提携している企業や研究機関の顔ぶれがよかったことです.通常の博士は就職で苦労すると聞いていたため,在学中から企業とのコネクションが作りやすく,しかも大手の企業で要職にある人とディスカッションができる環境というのは大きなメリットだと思います.

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

学部のころは専門として制御工学をやっていました.そのうちに人間,というより生物の脳や神経系がどのように身体の運動を制御しているのか,をきっかけに人工知能や機械学習なるものに手を伸ばし始め,現在は自然言語処理と強化学習を組み合わせてロボットの動きをコントロールする研究に着手しています.機械学習の知識はまだまだ乏しいものの,自分とは異なる分野の研究の要点や困難さを理解し,それを自分ならどう解決するかを考えるのは既に結構得意です.研究チームには尖った人材が集まりがちですので,その才能を殺さず活かすことができる人間がいればチーム全体の能力を高められると思います.そのようなサポータとしての能力をより高めることが,自分の適性に合ったこのプログラムの使い道だと思っています.

Q 将来の夢・目標は?

基本的には生涯で得られる収入の最大化を目的としつつ,汎用人工知能や自律的に行動可能なロボットなどの実現に貢献したいと思います.人間が人間でいる限り,寿命や物理的な限界を超えることはできません.それでも我々人類が発展を続けるための手段として,機械ならではの特徴を活かした“すごい知能”を作れればと考えています.