[:ja]髙橋 隆[:en]Takahashi, Ryu[:]

第八期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

[:ja]髙橋 隆[:en]Takahashi, Ryu[:] たかはし りゅう

大阪大学基礎工学部      

[:ja]

イノベーションの方向を変える

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

わたしはヒトを規範とした歩行ロボットの研究を行っています。この研究は解剖学や生物工学、機械設計など様々な分野にまたがっており、作業内容も多岐にわたります。このような研究に必要な知識を一人の力で身に着けるには限界があります。そこで、このプロジェクトを通じてたくさんの優秀な方々との交流をもちたいと思い、HWに応募しました。このプログラムの魅力は何といっても様々な分野の方と関われることだと思います。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

近年、コンピュータはチェスでグランドマスターを打ち負かすことができるようになりましたが、ロボットを制御してヒトより器用にチェスのコマを動かすことはまだどのコンピュータにもできません。わたしは、自分の研究を通じてロボット技術が発展する新たな道筋を探っていきたいと思っています。

Q 将来の夢・目標は?

知能の分野で起こったような技術発展のムーブメントを生物規範ロボティクスで起こすことが目標です。
そのために、具体的にどのような仕事をしたいというイメージはありませんが、プロジェクトメンバー全員が切磋琢磨しながら大きなゴールを達成できるような、そういうチームをつくりたいと思っています。[:en]

Change the direction of innovation

Q What was your motivation for joining the program, and what about the program appeals to you?

I’m a researcher of bio-inspired biped robot. Various knowledge is required to cover this field and it’s too hard. So, I applied this project to meet some awesome researchers who give a lot of knowledge to me.

Q What is your expertise and how do you want to develop it with the program?

In recent years, a computer has been able to beat a grandmaster in chess, but no computer has yet been able to control a robot to move a chess board more dexterously than a human.   Through my research, I would like to explore a new path for the development of robotics technology.

Q What are your future dreams and goals?

My goal is to create a technological development movement in bio-inspired robotics, as well as the one that has occurred in the field of intelligence. I don’t have a concrete image of what I want to do, but I would like to build such a team that can generate teamwork through showboartings.[:]