[:ja]三野 星弥[:en]Mitsuno, Seiya[:]

第八期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

[:ja]三野 星弥[:en]Mitsuno, Seiya[:] みつの せいや

大阪大学基礎工学部      

[:ja]

人とロボットが共に暮らす社会へ

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

異分野の研究者たちと出会えることが最大の魅力だと考えています。彼らとともに融合研究を行うことにより、共通の問題解決に向けて協同する経験を獲得し、自身の協同問題解決能力を高めることを期待したため、本プログラムに応募しました。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私は対話ロボットを専門にしています。そして、人の日常生活に溶け込み長期的に使われ続ける対話ロボットの実現を目指しています。その目標を達成するために、本プログラムを履修している異分野の研究者と交流することによって得た多角的な知見を活かしていきたいと考えています。

Q 将来の夢・目標は?

人とロボットが共生する社会の実現に大きく貢献したいと考えています。[:en]

To realize a world where human and robots live together

Q What was your motivation for joining the program, and what about the program appeals to you?

I believe that meeting researchers from different fields is the most attractive aspect of this program. I applied for this program to enhance my ability to solve cooperative problems through interdisciplinary research.

Q What is your expertise and how do you want to develop it with the program?

I specialize in conversation robots, and I am aiming to realize a conversation robot that is integrated into people’s daily lives and continues to be used for a long term. In order to achieve this goal, I would like to make use of the diverse knowledge I have gained by interacting with researchers in different fields.

Q What are your future dreams and goals?

I would like to greatly contribute to the realization of a world where people and robots live together.[:]