[:ja]三田 真志郎[:en]Mita, Shinjiro [:]

第四期生

生命機能研究科  生命機能専攻

[:ja]三田 真志郎[:en]Mita, Shinjiro [:] みた しんじろう

大阪大学 基礎工学部      

[:ja]

1+1=3にするぞ!

Q プログラムに応募した動機およびプログラムの魅力は?

議論できる仲間が増えることが最も大きな動機です。一人では実現できないことを協力して実現する仲間ができることはお互いに取ってとてもワクワクすることでモチベーションを高めることにもつながります。しかも奨励金も支給されるということで、このプログラムは一石二鳥です!

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

専門はシステム神経科学で、脳の高度かつ柔軟な認知機能を実現する神経基盤を明らかにしていくことを目標にしています。現在は主に「脳を調べることで脳を理解する」という分析的アプローチをとっています。それに加えて、本プログラムに参加することで、プログラミング等に長けた情報系の学生や、ロボティクスやハードウェアに長けた基礎工の学生と連携して「脳をつくることで脳を理解する」という構成論的なアプローチを実践したいと思っています。

Q 将来の夢・目標は?

① 知能のエッセンスを数式に置き換えていく基礎研究を進める
② 楽曲のビッグデータと人工知能を用いた作曲活動や音楽ビジネスを実現する[:en]

I’ll make 1+1=3!

Q What was your motivation for joining the program, and what about the program appeals to you?

My main motivation for joining the program is to find more colleagues to discuss ideas with. Working together with others to achieve things that you cannot achieve on your own is a very exciting process for all involved, and can lead to greater motivation. Furthermore, the program offers scholarships. Kill two birds with one stone!

Q What is your expertise and who do you want to develop it with the program?

I specialize in systems neuroscience, and my aim is to shed light on the neural basis for the brain’s sophisticated and flexible cognitive functions. Currently I’m pursuing an analytical approach aimed mainly at “understanding the brain by studying the brain.” In addition, through my participation in this program, I want to work with information science students strong in programming and engineering science students with strengths in robotics and hardware in order to achieve a constructive approach involving “understanding the brain by building the brain.”

Q What are your future dreams and goals?

(1) To pursue basic research that renders the essence of intelligence in numerical form
(2) To create a basic framework with which artists and artificial intelligence can effectively cooperate to produce works[:]