[:ja]南 宇人[:en]Minami, Sorato[:]

第二期生

生命機能研究科  生命機能専攻

[:ja]南 宇人[:en]Minami, Sorato[:] みなみ そらと

大阪大学理学部出身      

[:ja]

異分野の人たちと話すことで、融合研究へのモチベーションが高まる。

Q プログラムに応募した動機は?

私は、脳のメカニズムに興味を持があり、それを日常生活に応用できたらおもしろいなあと思っています。本プログラムでは、その応用に不可欠な異分野の研究者達との交流の機会が得られるので、是非参加したいと思いました。

Q 将来の夢・目標は?

知覚と脳活動の関係性をよりシステマティックに理解したいと考えています。さらにその知見をもとにして、日常生活をより快適にするような製品の開発に携われたらいいなと思っています。

Q プログラムの魅力は?

経済的な支援を受けられることは、5年間じっくり研究に専念したい私にとっては非常に魅力的でした。また異分野の人たちと話すことは、融合研究へのモチベーションを高めると同時に、自分の専門性を見つめ直すよいきっかけを与えてくれると思います。[:en]

My appetite for interdisciplinary research grows when I talk with people from different fields

Q: What was your motivation for joining the program?

I am interested in the mechanisms of the brain, and think it would be interesting if we could apply those mechanisms in our everyday lives. Developing these applications will require interaction among researchers from different fields. I really wanted to participate in this program because of the opportunities it offers for such interaction.

Q: What are your future dreams and goals?

I want to gain a more systematic understanding of the relationship between perception and brain activity. I would also like use this understanding to contribute to the development of products that make our lives more comfortable.

Q: What about the program appeals to you?

The availability of financial support was extremely appealing for me, considering that I hope to concentrate fully on my studies over the next five years. In addition, I believe that the interaction with people working in other fields will inspire me to pursue interdisciplinary research and encourage me to reflect on my own expertise.[:]