HAGAD, JUAN LORENZO

第二期生

情報科学研究科  情報数理学専攻

HAGAD, JUAN LORENZO ハガド,フアン・ロレンゾ

デ・ラ・サール大学      

プログラムの内外ですばらしいカリキュラムが用意されている。

Q プログラムに応募した動機は?

以前、感情コンピューティングの分野で学際的な研究に従事している方々に接することがあり、以来、創意にあふれた解決策を見つける最も優れた手段は、異なった視点から物事を見るようにすることだと思っていました。だからこそ、いろいろな技術を組み合わせてさらなる進歩が可能となるように、多種多様な研究分野の最先端のトレンドを突き進むように心がけています。それは、私自身にとって、さまざまな科学分野を享受するうえで非常に役立っています。このプログラムは、エンジニアリング・バイオサイエンス分野でのイノベーションに携われ、新しい視点からの洞察力を高めることができる非常によい機会であると考え、応募しました。同級生とともに、新しい研究課題を見つけ革新的な解決策を開発したいです。

Q 将来の夢・目標は?

社会に貢献できる、特に医療分野で役に立つシステム開発に結びつく研究をしたいです。将来、フィリピンに戻っても自身の研究を続け、祖国のテクノロジーの発展に寄与したいと思っています。そして、同じような目的をもつ意欲的な若い研究者を支援したいと考えています。

Q プログラムの魅力は?

このプログラムには、社会的意義のある研究課題を見つけその解決策を考え出せる非常にクリエイティブな若い学生と連携できる機会があります。また、経済面でのサポートがあるので、奨学金を探したり、アルバイトをしたりせずに、研究に集中できます。さらに、研究セミナーや研修など、プログラムの内外で同世代の学生と学べるすばらしいカリキュラムが用意されていることも大きな魅力です。