[:ja]有本 庸浩[:en]Arimoto, Tsunehiro[:]

第一期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

[:ja]有本 庸浩[:en]Arimoto, Tsunehiro[:] ありもと つねひろ

出身:大阪大学基礎工学部 進路:日本電信電話株式会社(研究開発職)      

[:ja]

人間らしいコミュニケーションに貢献したい。

Q プログラムに応募した動機は?

私は、博士課程では専門を深めるだけではなく、幅広い視野をもって応用力をつけるべきだと思っています。本プログラムでは、認知・生体・情報といった分野が集まり、自分にはなかった新しい視点を学ぶことができると考えました。一つの専門から解決することが難しい問題に取り組むための能力を身につけたいと思い、このプログラムに応募しました。

Q 将来の夢・目標は?

現在の研究テーマは、ロボットを介した遠隔地コミュニケーションです。この研究は、これからますます広がっていくテーマだと思っています。今後は「人間」についての研究を深めながら、新しい形のメディアを開拓するなど、人と人とのコミュニケーション促進に貢献したいです。

Q プログラムの印象・感想は?

プログラムの中で、企業の方へのインタビューを行いました。彼らの価値観を知るとともに、どうやってイノベーションを起こすかなどについて興味深い話を聞くことができ、私にとっては新鮮な経験でした。今後、さまざまなものを開発していく一助になると思います。[:en]

I want to contribute to the advancement of human communication.

Q: What were your motivations for joining the program?

For my doctoral studies, in addition to focused, specialized research, I want to become more adaptable and acquire wide-ranging views. In this program, research in areas such as cognition, biological systems, and information come together, providing opportunities for me to see things in new ways. I joined the program because I wanted to gain the skills necessary for tackling problems that would be difficult to solve with just specialized knowledge in one field.

Q: What are your future dreams and goals?

Currently, my research concerns communicating with individuals in remote locations by using robots. I feel this kind of research will grow in scope over time. While gaining a deeper understanding of the essence of humanity through my research, I want to establish new forms of media and contribute to the promotion of communication between people.

Q: What are your impressions and thoughts about the program?

As part of the program, I was able to interview representatives from various companies. Through these very interesting conversations, I was able to learn about their respective philosophies about their work and gain insights into how innovation occurs. It was a fascinating experience for me, and I feel the information I gained will assist me down the road in my own development work.[:]