西村 優佑

第六期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

西村 優佑 にしむら ゆうすけ

大阪大学基礎工学部出身      

更なる成長を目指して

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

私はヒューマンウェアプログラムに参加することで, 融合研究や海外インターンシップなど, 自分が大きく成長できる機会をより多く得られるのではないかと考え, 本プログラムに応募しました. また, 同じように研究者としての道を志す, 様々な専門分野の学生達と切磋琢磨し合えることも本プログラムの魅力だと感じています.

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私はインタラクション中の人間の動作のモデル化とヒューマノイドの動作生成への応用をテーマとして研究をしています. 現在は専門である機械学習によって, 人間の動作を計測したデータを用いて人間の振る舞いのモデル化に取り組んでいます. しかし, 今後研究を進めていき, 人間の社会性に基づいた振る舞いのモデル化や動作生成システムなどを実現していく段階で, 生命・認知科学の知見や情報科学のセンサネットワークなどの知識が自身の研究にとって重要になると考えています.そのため,本プログラムを通じて, 様々な専門分野の知識を取り入れることで,融合分野の知見に基づいた人間の動作のモデル化について検討し, 提案システムの実現に取り組んでいきたいと考えています.

Q 将来の夢・目標は?

複数の分野を横断することができる幅広い視点を持った研究者になること.