下條 真司 教授Shimojo, Shinji

Graduate School of Information Science and Technology
Applied Information Systems Division, Cyber Media Center, Graduate School of Information Science and Technology

<!--:ja-->下條 真司 教授<!--:--><!--:en-->Shimojo, Shinji<!--:-->

At the same time as developing networks to make more efficient use of Osaka University’s supercomputer, Professor Shimojo is studying “visualization” as an interdisciplinary research theme.
We interviewed Professor Shimojo at the Knowledge Office in Grand Front Osaka, adjacent to JR Osaka Station.

Osaka University opens industry partnership facility in “Umekita”

The Knowledge Office is a joint research facility for universities, research centers and companies. The choice of the Umekita district as the location for the office is related to the concept of “open innovation”. Research that is impossible for a single lab or university or company to undertake on its own can become possible if we get together. By opening up the research process to collaborative activity, we are building the basis for innovation.

The office also places emphasis on interaction with the wider community. On the second floor of the office building there is a space where various university and corporate research projects are showcased to visitors. We believe that our knowledge base will grow if we share our work widely and solicit new input. Naturally, we hope that many students will visit us.

photo_shimojo1

The projects shown in the photographs include a system linking multiple display units to enable enlargement of a mural from the Takamatsuzuka Kofun archeological site, and a 3D imaging system that enables users to experience virtual reality. Through the Knowledge Office, which is part of the Knowledge Capital complex, we have been working on research and development for these projects in collaboration with the National Institute of Information and Communications Technology (NICT).

An example: Simulating the flow of air within the human mouth

Let me tell you some more about the “visualization” research we are currently conducting. As an example, I’ll use a project that is being developed by the Schools of Engineering Science and Dentistry. The subject matter of the project is air flow within the mouth; when a tooth is removed, for example, the flow may change and different sounds may be produced. The project involves visualization of these changes by simulating the air flows.

Measuring the movement of air involves some fairly complex calculations, because of the noise created by turbulent flows within the mouth. Calculating these flows is a job for researchers from the School of Engineering Science. On the other hand, those in the School of Dentistry want to be able to understand the flows and explain them to their patients in a diagrammatic form. Our job is to work as intermediaries between these two groups, formulating ways to render the outcomes of the calculations in visual form.

Riding the crest with an eye on the current

photo_shimojo02The Humanware Innovation Program is designed to enable you to extend expertise in your own field at the same time as absorbing a balanced range of knowledge from other disciplines. Technological advancement are taking place at a very rapid pace today, so rather than simply digging deeper into pre-existing fields of knowledge, I think you will need to move around and gather what you need from a combination of different fields.

At the same time, however, I believe that there are some universal elements of university education that are worth preserving. The current rapid changes are like the crest of a wave; underneath, there is something more fundamental; a relentless tidal current. As a faculty member, I will be doing my best to keep an eye on both the rapid movement and slow, steady flows.

-->

地の利を生かしてオープンイノベーション

可視化によって、さまざまな研究成果が身近なものになる。

下條 真司 教授Shimojo, Shinji

Shimojo, Shinji

情報科学研究科 サイバーメディアセンター 応用情報システム研究部門

<!--:ja-->下條 真司 教授<!--:--><!--:en-->Shimojo, Shinji<!--:-->

大阪大学のスーパーコンピュータを効率的に実行するネットワーク研究に携わるかたわら、融合研究の一環として、「可視化」の研究に取り組む下條教授。
以下のインタビューは、JR大阪駅に隣接する「グランフロント大阪」のナレッジオフィスで行われた。

「うめきた」に産学連携施設を開設

このオフィスは、「うめきた」にある大学や研究センター、企業の共同研究室です。「なぜこの立地なのか?」というと、それは「オープンイノベーション」という考え方に基づいています。1つの研究室、大学、企業だけでは困難な研究も、集まればできることがある。したがって、研究のオープン化はイノベーションを生み出す土台になります。
また、このオフィスでは一般の人々との交流にも力を入れています。建物の2階には、阪大をはじめ各大学、各企業の研究紹介コーナーがあり、一般の方々に見てもらえるようになっています。見てもらって疑問や感想をいただくことで、知見が集まると考えています。もちろん、学生にもどんどん来てもらいたいですね。
photo_shimojo1写真で紹介しているのは、複数のディスプレイを連携し、高松塚古墳の壁画を拡大して観察できるシステムや、バーチャルリアル体験ができる3D画像システムです。これらは、このナレッジキャピタルとの連携を通じてNICT(独立行政法人 情報通信研究機構)と共同で研究開発してきたものです。

例えば、口の中の空気の流れをシミュレーションする

私たちが進めている可視化の研究とはどんなものなのか。それを、現在進行中の基礎工学部と歯学部との連携の例で説明しましょう。例えば歯が抜けると、口中の空気の流れがどうなるか、発する音がどう変わるか。こういうことについて、空気の流れをシミュレーションし、可視化する研究を行っています。
空気の動きを予測するには、なかなか難しい計算を要します。口中で生じる乱流によってノイズが生じるためです。その流れを計算するのは基礎工学部の仕事です。一方、歯学部のお医者さんはそれを理解し、絵を使って患者さんに説明したいと思っています。そこで、その間に私たちが入り、計算した結果を可視化するしかけを考えています。

波の表面と、底を流れるもの。その両方を注視したい

photo_shimojo02ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム(HWIP)は、自分の専門を深めつつ、異なる分野をバランスよく吸収できるように作られています。技術がどんどん進む時代ですから、学生にはこれまでのような知識の深掘りばかりではなく、さまざまな分野を組み合わせて回遊しながら、必要な知識を吸収していってほしいと思います。
しかしその一方で、普遍的な大学の教育として守るべきところは変わらない、と私は考えています。世の中の流れの速さは、いわば「波頭」で、その底にベーシックな部分がある。それは、ゆったりとした「潮流」です。ゆったりした流れと速い動き。私たち教員は、その両方を見据えていきたいですね。

 

研究室のホームページはこちらから