藤原 融 教授Fujiwara, Toru

Graduate School of Information Science and Technology
Information Security Engineering Lab,

<!--:ja-->藤原 融 教授<!--:--><!--:en-->Fujiwara, Toru<!--:-->

Professor Fujiwara’s research on the protection and accessibility of information demonstrates new possibilities that can arise from an interdisciplinary approach to security system design.

Researching methods that ensure information is delivered securely and correctly

I am researching encryption and other means to ensure that the contents of the information that we exchange over the internet is not intercepted and eavesdropped upon by others. Another theme of my research is related to error correction in information transmission. While cellular phone calls are disrupted by static, e-mails can be accurately received, despite the fact that the static we hear when make calls is still there. While at times an e-mail will fail to be sent, that failure can be detected. This is because error correction measures are in place.

My research concerns the development of such measures as well as the evaluation of whether these measures exhibit their intended capabilities. My research leans towards theoretical topics and is not something that can be quickly implemented, but over time I expect it will develop into something more practical.

fujiwara2

Working towards secure, easy-to-use systems

Research at the theoretical level does not tend to be interdisciplinary, but ultimately it must be for something that is easily used by ordinary people. Especially in the field of security, it could be said that while no one wants to have their data exposed to a virus, many people find security measures, such as changing passwords frequently, a cumbersome task. In real-world terms, keeping valuables in a family safe in your house is not as secure as using the safe in a bank. However, just a moderate level of security is sufficient in today’s society. The virtual world can be thought of in the same way. It seems to me that we can envisage a system with a moderate level of safety that is moderately easy to use. We must also use the knowledge of cognitive science to consider how to implement security measures that people find accessible. However, it is difficult to determine how to evaluate the level of safety at which users can feel at ease. This is something that I would like to seriously consider going forward.

 

 Integrating the knowledge of life sciences

Apart from cognitive science, I think there is great potential in interdisciplinary research involving life sciences. Life adapted to its environment through a process where some organisms survived while others perished. When this concept is applied to information science, one can see it reflected in any modern security system. Not even one computer connected to a network can be compromised. I would like to build a system where even if one computer was compromised, its effect on the network as a whole would be minimal. It is likely that life sciences can provide insight into the creation of such a system. I think that in this way, information sciences and life sciences can be integrated towards developing something new. However, such a system is not for the individual computers you use every day; it is far larger in scale and scope.

 

Program participants ought to engage in research abroad

fujiwara3I am in charge of the international aspects of this program. Currently, we are preparing to offer short-term, one-week visits to research institutions abroad, as well as international internships at research institutions that last for 6 weeks to 3 months. The short-term visits are a chance to find a research topic to pursue, and they can serve as preparation for the longer internship programs.

In the research institutions that students visit in this program, researchers from various cultural backgrounds gather together to work as a matter of course. Some have also had careers outside academic research, and so a range of different age groups are represented. I would like all participants to experience the diverse research environments these international internships offer. In doing so, you can join your fellow researchers in a relaxed environment with a flexible approach towards enjoying the opportunities this program can provide for you.

 

-->

柔軟な視点で新たなシステム作りに挑む

異分野との融合から考える
使いやすく、安全な情報セキュリティのしかけ。

藤原 融 教授Fujiwara, Toru

Fujiwara, Toru

情報科学研究科 セキュリティ工学講座

<!--:ja-->藤原 融 教授<!--:--><!--:en-->Fujiwara, Toru<!--:-->

「情報を守る」、あるいは「情報をきちんと伝える」研究に取り組んでいる藤原教授は、異分野の視点を取り入れたセキュリティの仕組み作りに新たな可能性があると語る。

情報が盗まれず、正しく届く「しかけ」についての研究

私はインターネットなどで交信される情報が、外部から盗み見されても中身が分からないようにするための、暗号などさまざまなしかけについて研究しています。これがテーマの一つです。
もう一つのテーマは、情報通信の誤り訂正に関するものです。携帯電話では、雑音が入って聞き取れないことがあるのに、電子メールでは、(当然、雑音があるのですが)、正しく受信できます。確かにメールも送信に失敗することがありますが、失敗したことが検出できます。情報の誤りを訂正するしかけが入っているからです。このような技術について研究しています。
これらの研究は、しかけそのものを作る部分と、思った通りの性能を発揮しているかを評価する部分から構成されています。私の行っている研究は理論寄りの研究で、すぐに実用化されるというものではありませんが、年が経つにつれ実用化に近づいているといえます。

fujiwara2

使いやすく安全な仕組みをめざして

理論研究の段階では、あまり融合的な研究は行われませんが、最終的には「人にとって使いやすい仕組み」を提供する必要があります。特にセキュリティ面では、「ウィルスに侵入されたくない」と思っていても、そのためのパスワードの頻繁な変更などは、正直なところ面倒だと感じる人も多いでしょう。リアルな世界では、確かに家庭の金庫は銀行の金庫ほど安全ではありません。しかし、ほどほどのセキュリティでも十分に社会が成り立っているというのが現実です。
バーチャルな世界でもそのような考え方ができます。「ほどほどな安全性を実現できる、ほどほどに扱いやすい仕組み、しかけの実現」を考えていけばいいのかなと考えています。また、認知科学などの知見を用いて、どうすれば人間にとって使いやすい安全対策が実現するかを考えなくてはいけません。
ただ、どのくらい安全にすれば、人は安心だと思うか、その評価をどうすればいいのかは難しい。今後しっかりと考えていきたいと思っています。

生命科学の知見を取り入れて

認知科学以外では、生命科学との融合の可能性もあると思います。生命が環境変化に対応してきたのは、生き延びた個体もあれば絶命した個体もあるからです。このことを情報科学において考えてみますと、今は100%のセキュリティが求められています。ネットワークにつながった1台のコンピュータでも侵入されてはいけないという考えです。むしろ、1台が侵入されても世の中への影響は微弱であるというようなシステムが構築できればと思います。そんなシステム作りには、生命科学が参考になるかもしれません。このように、情報科学と生命科学は融合すれば新しいことができる可能性があると思います。ただ、皆さんの目の前にあって使っているコンピュータはそれ1台しかありませんから、この考え方は当てはまりません。もっと大きなシステムが対象です。

プログラムを通じて海外の研究活動に触れてほしい

fujiwara3私はこのプログラムで海外連携を担当しています。現在、1週間ほどの海外の研究機関を見学する短期派遣と、1.5か月または3か月かけて海外の研究機関で活動を行う海外インターンシップの準備を整えています。短期派遣の間に「ここで研究したい」という場所を見つけ、しっかり準備をしてインターンシップに臨んでほしいと思います。
海外の研究機関では、異なる文化を背景にして人々が集まっているのはもちろんですが、社会人を経験してから研究活動に戻る人もいます、したがって年代もさまざまです。海外インターンシップでは、そういう雰囲気の違いも経験してほしいと考えています。同じ人間同士ですから気楽に柔軟に、与えられた機会を楽しんでほしいとも思います。

研究室のホームページはこちらから