11/30 「まるで海外の大学@沖縄」 OISTへの招待 ~OIST cafe x HWIP~

2016/11/30(水)に、OIST cafe x HWIP @ 大阪大学 を行います(ヒューマンウェアプログラム主催)。
豊中と吹田の両方での開催ですので、是非是非ご来場ください!(参加費無料・阪大関係者のみ参加可能)
参加登録は右のページ下部から行ってください→ https://groups.oist.jp/node/13691
※人数が多い場合は先着順となる可能性があります。
※質問なんでも大歓迎です→ hosoda@humanware.osaka-u.ac.jp

沖縄科学技術大学院大学(OIST)ってご存知ですか?

日本屈指のビーチリゾート地、恩納村にある大学OISTは、行ってびっくり、「まるで海外(特にアメリカ)」です。

世界の科学技術の発展に寄与すべく日本政府が素晴らしい教育研究環境を備えたOISTは、以下に理由を記すように阪大生の学びにとって「もってこい」の大学です。

そこで私達、大阪大学ヒューマンウェア博士課程プログラム(HWIP)では、OISTと連携をとり、学生の国際性や研究での学びを促進しています。(HWIPとは情報・生命・基礎工の3研究科が大学院生をリーダーに育てる教育プログラムです)

この度は、プログラム以外の阪大生にもOISTを知ってほしい、という思いから、OIST cafe を阪大で開催してもらうことにしました(阪大関係者のみ参加可能です)。以下のような内容で行います(参加費無料・詳細は下部)。

豊中 12:00-13:00 説明会 @文理融合型研究棟6階講義室1(豊中マップ91番です
吹田 16:30-18:30 説明会&セミナー @情報科学研究科 C棟4階 C401(吹田マップ71番です
※前後の講義などで遅刻・途中退出があってもOK
※軽食OKです。OISTからお菓子などが出るかもしれません。
※セミナーは杉山(矢崎)陽子先生による「鳥の歌の学習過程」についてです。

是非是非ご来場くださいませ!!!(事前登録してくださいね)
少しでも疑問があれば、何でも気軽に聞いてください→ hosoda@humanware.osaka-u.ac.jp

※※※ 詳細情報 ※※※

1.OISTの説明会を聞いてほしい理由

今回OISTに説明してもらうにあたり、実は最初の目的は、HWIPのプログラム履修生に向けてOISTへのインターンシップを紹介する事でした。OISTには素晴らしいインターンがあり、受入可能ラボを公開していて、住居などのサポートも有ります。大学生や大学院生の皆様にとっては、以下の2のようにとても良いチャンスなのです。
https://groups.oist.jp/ja/grad/research-interns

あとはもちろん、OISTへの入学や、阪大で博士号をとったのちにOISTにてポスドクまたは大学教員になるような道もあると思います。

2.OISTが日本の学生に「もってこい」の理由

今はグローバル化が進み、正直なところ、大学の研究でも企業でも、グローバル人材が強く要求されています。異なる国・言語・文化・価値観を超えて活躍する能力を得るためには、やはりそういった環境に身を置くことが必要ですが、日本の学生にとっては簡単なことではありません。陸続きの隣国が無いだけでなく、少し閉鎖的なことが日本の良さでもあったり、また教育研究レベルや安全性なども含めて総じて日本の環境が整っている、という事もあるかもしれません。そこで、「質の高い、身近な海外」があると良いわけです。

それこそまさにOISTです。
教員及び学生の半数以上は外国人(学生は80%)であり、教育研究は英語です。インターンではアメリカの大学に留学しているような経験を積むことができます。それでもなお日本であり、日本人もそれなりにいるため問題が起こりにくいし、最初のハードルは低く、なにより安全性や生活のラクさは世界一です。教育研究環境の質も非常に高く、無駄な時間を過ごすようなことには絶対になりません。またWikipediaで恩納村を調べてもわかるように、日本屈指のリゾート地であり、精神的ストレスのやりくりにも申し分ない立地です。ビーチや真栄田岬もすぐそこです。

そしてOISTインターンシップには経済的かつ住居などのサポートもあります。もちろん日本政府によって支えられているものです。せっかくなので、これを利用して阪大生がグローバル人材へと成長してほしいと願います!

3.OISTによる研究セミナー(吹田のみ)

以上のように、OISTの説明会を阪大で開催してもらうことになったのですが、せっかくなので、OISTの先生に研究セミナーをしてもらうことになりました。講師は 杉山(矢崎) 陽子 准教授 です。歌を鳴くトリはその生後の発達期において、どのように親の歌を真似して自身の歌を形成するのか、その神経メカニズムの解明を目的として研究されています。
特に以下の二つの問いにフォーカスしておられます。
– どのように‘聴いた’記憶が‘鳴く’パターンを作り出すのか?
– なぜ、その発達期を過ぎてから聴いた歌は学習できないのか?
面白いこと間違いなしのセミナーですので、是非是非聞きに来てくださいませ!
https://www.oist.jp/ja/groups/neuronal-mechanism-critical-period-unit-yoko-yazaki-sugiyama
https://www.terumozaidan.or.jp/labo/interview/34/index.html

4.ヒューマンウェア博士課程プログラム(HWIP)について

HWIPは情報・生命・基礎工の3研究科が大学院生をリーダーに育てる教育プログラムです。非常に素晴らしいプログラムであり、実際に素晴らしい履修生が育っていますので、是非ホームページ等をご覧ください。平成29年度の第五期生も募集しています。
https://www.humanware.osaka-u.ac.jp/

このHWIPでは、OISTとの密な連携をとっており、HWIP開始の初年度にはHWIP履修生20名以上がOISTに合宿に行きました。その後、OISTからは毎年夏に阪大に来ています。また、今年は年度末にまたOISTに行く計画があります。このように、HWIPではOISTとの密な連携がありますし、OISTだけでなく、名だたる企業や海外の大学、研究機関などと多くの連携がありますので、是非HWIPにも興味をもっていただければと思います。

HWIPに関する質問もなんでもウェルカムです→ hosoda@humanware.osaka-u.ac.jp

それでは、みなさまのご来場をお待ちしています!!!

参加登録はページ下部から行ってください→ https://groups.oist.jp/node/13691
※人数が多い場合は先着順となる可能性があります。

hwxoistcafe