2019年度 ヒューマンウェアイノベーション副プログラム

平成31年度(2019年度)より、本学の「大学院高度副プログラム」の一つとして、本プログラムのカリキュラムの一部を全学の大学院生が受講することが可能になりました。

※「大阪大学大学院高度副プログラム」は、複眼的・俯瞰的な視点を効果的に身に付けるために、ある学問テーマに沿った授業科目を体系的に構成した教育プログラムであり、主専攻の学修と並行して、専門とは異なる分野・専門を生かした関連分野を学ぶ機会として広く開かれています。プログラムが定める要件を満たすことで、所属する大学院の課程を修了(修士号取得
退学及び博士後期課程・博士課程単位修得退学を含む。)する際に当該プログラムの修了認定証が交付されます。
大阪大学大学院高度副プログラムの詳細はこちら >>

趣旨・概要

情報技術の類まれな発展により人間や機械が情報ネットワークを介して密接につながり合うことで、人間と人間、人間と環境・機械との間で予測困難な課題が生じており、また情報システムが人間や環境にかける負担も急速に増大しています。このように激変する情報社会では「生命システムなどが持つ仕組みを有し、人間・環境に調和した情報社会を構築する新しい技術:ヒューマンウェア」の確立が急務です。本プログラムでは、このヒューマンウェアという視点から、「情報科学、生命科学、認知・脳科学」の包括的な理解の下で、これらの融合から自ら課題を設定し、グループを組織・牽引してそれを解決することにより、新しいイノベーションへと導く人材を育成します。

修了要件

選択必修科目2単位を含む8単位以上を修得すること

構成科目

 

===リンク===

大阪大学 大学院情報科学研究科の本副プロページ

情報科学研究科(http://www.ist.osaka-u.ac.jp/)  》教育活動 》 高度教育活動 》

http://www.ist.osaka-u.ac.jp/japanese/education/hwis.html