第一回全国リーディング学生会議
〜全国大学院の博士課程教育リーディングプログラムの履修生が結集 Students of Leading Graduate Schools across Japan come together for the first time

October 26 and 27, 2013 Nishi-Harima Local Industry Center, Himeji City, Hyogo Prefecture

Ten HWIP students participate in inaugural meeting

topics20131205_1The Program for Leading Graduate Schools is a national government program coordinated by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. As of September, 2013, 44 programs were in operation in 24 graduate schools across Japan. The First Students Meeting of Leading Graduate Schools was initiated by students in the University of Hyogo’s program on “Next Generation Picobiology: Focused on Photon Sciences” as an opportunity for students to get to know each other’s programs, gain further inspiration, and build interpersonal networks. The idea was to have an event that differed from the usual teacher-student patterns of engagement; one that would encourage students to tackle problems for themselves and engage in student-to-student discussion and exchange of opinions. The event was organized and run entirely by a team of 61 students from 19 different Leading Programs. Ten students from HWIP were involved, developing event proposals and engaging actively in event operations.

On the first day of the event, the organizing team was joined by other students from around the country in a venue filled to capacity. The proceedings began with a keynote address by William Lee, who formerly studied at a Japanese university and now runs venture businesses in the US and Taiwan. Mr. Lee’s hope that students “become innovative leaders that value personal interaction” clearly struck a chord with the audience. Next, student representatives introduced their respective programs. The Humanware Innovation Program was represented by Junya Nakanishi, who used presentation slides to explain the program’s aims and its distinctive activities.

Guest speaker initiates lively discussion

The presentations were followed by a discussion forum conducted in English, with themes including “Japan’s shortcomings in comparison with other countries” and “what society expects of scientists”. Inspired by guest speaker Mr. Lee’s exhortation to “come up with ideas that make the most of your own cultural backgrounds”, students began to express their opinions vigorously, and a lively discussion ensued. The second day involved small group discussions and presentations on leadership, based on the theme of “human resources for tomorrow”. Students debated the key attributes of an ideal leader and developed a stronger sense of mission to lead Japanese society into the future.

act_p20131205_1This first-time event proved a valuable opportunity for students from different disciplines, universities and locations to get together and explore common themes. It was also an important springboard for the development of new student networks. For HWIP students, the encounter with students in other Leading Graduate School program was an opportunity to reflect on what they are capable of themselves, and where they are headed from now on.

-->


第一回全国リーディング学生会議
〜全国大学院の博士課程教育リーディングプログラムの履修生が結集 Students of Leading Graduate Schools across Japan come together for the first time

2013.10.26, 27 兵庫県姫路市・西はりま地場産業センター

本プログラムから履修生10名が参加

topics20131205_1文部科学省の博士課程教育リーディングプログラムは、全国24大学院で44のプログラムが実施されています(2013年9月現在)。今回、兵庫県立大学の「フォトサイエンスが拓く次世代ピコバイオロジー」プログラムの履修生が中心となり、それぞれのプログラムを互いに紹介し触発し合うことで、プログラムの活性化や学生同士のネットワーク形成に役立てようと、「第一回学生交流会(The First Students Meeting of Leading Graduate Schools)」(10月26、27日)が開催されました。この交流会は、普段の「先生から学生」ではなく、学生自身で何をすべきかを考えること、学生視点で議論し意見交換をすることが肝要であるとの観点から、すべての運営・進行を学生のみで行いました。企画には、19のリーディングプログラムから61名が参加。本プログラムからも履修生10名が参加し、企画提案を行うなど、積極的に運営に協力しました。  交流会当日は、全国からさらに多くの学生が集まり、会場は熱気にあふれていました。

1日目はまず、日本の大学で学び、米国や台湾でベンチャー企業の経営に携わるウィリアム・リー氏の基調講演が行われました。「人的交流を大切にしたイノベーティブなリーダーをめざしてほしい」というリー氏のメッセージは、履修生たちの心に響いたことでしょう。 続いて、各プログラムの履修生がそれぞれのプログラム内容を紹介。本プログラムからは中西惇也さんが、スライドを提示しながら、ヒューマンウェアイノベーションプログラムのめざしていること、特色ある活動の紹介を行いました。

ゲストスピーカーも交えてディスカッション

その後の全体討議(英語)は「他国に比べて日本の足りないこと」「社会的な見地から科学者には何が必要か」などがテーマ。基調講演のリー氏から「皆さんならではの背景や文化を生かした考えを出してほしい」というエールが送られると、次々と活発な意見が飛び出し、熱いディスカッションが繰り広げられました。
act_p20131205_1さらに2日目は、少人数のグループに分かれ「今後求められる人材」をテーマに「リーダー」について議論し、発表を行いました。履修生たちはそれぞれが考えるリーダー像について討論し、これからの日本社会を牽引していく意識を高めました。

第一回目の交流会は、研究内容も、所属大学も、出身地も異なる学生たちが共通のテーマで話し合う貴重な機会となり、学生間の新たなネットワークを形成する足がかりを得ることができました。さらには、他プログラムのリーダーをめざす学生の姿を目の当たりにし、本プログラムの履修生たちにとって、今自分は何ができて、何が必要なのかを見つめ直す契機にもなりました。