自分の未来を自分で切り開くヒントを得るために 〜特別セミナー「グローバル社会における国際キャリア構築」を開催しました

 

topics20131003_3
プログラム参加学生のための特別講演

9月3日、アマゾン・ドット・コム本社(米国シアトル)においてクラウドコンピューティングサービスの開発に携わっている橋本幸司氏を講師に招き、特別セミナーを実施しました。基礎工学研究科(現 情報科学研究科 ディペンダビリティ工学講座)卒業の後、国内企業勤務、米国の大学院課程を経てアマゾンに入社した橋本氏は、グローバル時代のエンジニアの働き方について、クラウドサービスの進化の様子を交えながら語りました。

米国大学での体験

米国大学院時代の話題では「一分一秒を惜しんで学ぶ」アジア留学生のすごさを実感したことや、「不向きと思われると早期に専攻の変更を勧告される、冷淡なようでいて再チャレンジを応援する」米国の大学教育システムなどを披露。また、就職活動では、学生も企業もインターンシップを非常に重視していることなど、米国と日本の大学・大学院の相違点についてリアルな状況を紹介しました。

パラダイムシフトを起こすには

話題がアマゾン・ドット・コムに入社後に移ると、エンジニアとマネジャーのキャリアの道筋の違いや、チームごとに担当サービスについて責任をもち、社内であっても他社との応対と基本的には同じという独立性を重視した働き方などを紹介。企業や組織の外に「信頼できるパートナーがいてこそパラダイムシフトは起こせる」と語り、学生たちへ、融合、協働という考え方の重要性を強調しました。

アマゾン・ドット・コム 橋本幸司氏

アマゾン・ドット・コム 橋本幸司氏