鄭 熙乾

第三期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

鄭 熙乾 ヂォン シーチイェン

[ ミネソタ大学出身 ]

教科書や学術論文では決して得られない知識を得ることができる。

Q プログラムに応募した動機は?

今日のテクノロジーはどの分野も多分野にまたがり大変複雑になっていますが、このプログラムは融合研究への取り組みについてとてもいい基盤を提供してくれます。それに、このプログラムの経済支援や研究サポート体制は僕のような自身の研究に打ち込みたい学生にはとてもありがたいです。

Q プログラムの魅力は?

友達も先生も皆とてもいい人ばかりです。特に僕が在学する三期生は、大きな家族のような繋がりがあります。プログラムが実施する様々なイベントでは、学生だけでなく異分野の先生もよく知ることができます。だから教科書や学術論文では決して得られない知識を得ることができるのです。

Q 将来の夢・目標は?

僕は人々の日常生活に実用性のある、まるで相棒や親友のようになれるロボットを作りたいと思っています。小型で毎日持ち歩きたくなるような、少なくとも頻繁に見かけるような、そんなロボットです。