山田 拓哉

第二期生

山田 拓哉

情報科学研究科 マルチメディア工学専攻

インタビュー

戦略を立ててルートを読む

細かい模型を作るなど、手先を動かすことは子どもの頃から好きだったそうだ。小学校高学年の時に、自由研究でラジオを作ったことを覚えている。最初に音が出た時の嬉しさ、楽しさはとても印象に残っている。

モノづくりへの興味から、高等専門学校へ。部活ではクライミングに取り組んだ。今も時々、六甲山系の岩場を登る。手がかりつかんで登っていくだけだが、うまく考えないと手詰まりになる、戦略が大事なスポーツだ。頭、体、技術がそれぞれ同じぐらい必要とされる。登る前に下で「どう登るか」を考える時間も楽しい。なるべく体力を使わずに済むうまいルートを読まなければならない。「プログラムを組み始める前に、どうするかなって考えている時間と、似ているかもしれないです」。

手ごたえを得た国際学会での経験

現在は、IoTデバイスと、これとつながる側のサーバーやクラウドなどを結ぶネットワークの制御を研究している。

研究室のあるサイバーメディアセンターにて

現状の制御手法の延長では、今後膨大になるデバイスが制御しきれず破綻したり、セキュリティーの問題が生じたりするおそれがある。そのネットワークのセキュリティ部分を中心に、研究を行っている。

最近、研究で「良い経験になった」と感じたのが、2016年夏の国際学会での論文発表。ポスター掲示に口頭で10分の発表。ポスターの準備、発表シナリオ、当日の英語での質疑応答。聞き取れないし、しゃべれない。しかし発表の終了後にも「ここはどうなっているんだ」と聞きに来る人もいて、直接議論を交わせたことで、研究への手ごたえを感じることができたという。

学んだ知識から、さらに一歩進める技術

HWIPでは、1年時のカリキュラム「イノベーション入門」で企業インタビューに行った。学生たちでアポイントメントを取り、話を聞いたのは、元エンジニアで、今も大きなプロジェクトのリーダーを務める人物。「できる人は、野心的で情熱を持っている」。そのことを肌で感じ、刺激を受けた。

将来は、高専の教員を進路の一つに考えている。出身である高専の先生たちに世話になった思いがあるのと、人に教えるのが好きなので、自分が学んできた様々な事を、次世代に伝えられる仕事もよいのではないかと思っているそうだ。「研究では、学んだ知識+αで、自分のアイデアを出していくことが求められる。自分も苦しんだ時期があり、今も日々模索しているけれど、多少は、自分なりの考え方や取り組み方を見つけられたかなと思う」。単に知識を伝えるだけではなく、学んだ知識を応用してさらに一歩進める技術を伝えられたら、と考えている。

2016年12月インタビュー


修士論文発表会での発表