辻 健太

第四期生

情報科学研究科  情報ネットワーク学専攻

辻 健太 つじ けんた

[ 関西学院大学 理工学部 情報科学研究科 ]

人と関わり,学を広げる.

Q プログラムに応募した動機およびプログラムの魅力は?

様々な人たちと関わっていける環境に魅力を感じます.同じ専攻の方とでも視点が全く異なっているにも関わらず,分野の異なる方々と共に行動し,何かやってみようというのですから,学問的に広すぎる世界に身を投じることができます.さらに,企業の方々と交流することで,現場でのニーズや働く上でのモチベーションなどを模索することができます.これほど人に恵まれた環境は,とても貴重に感じます.

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

データマイニングと機械学習を中心に勉強してきました.しかし,これらの分野は計算機に問題を解かせる手法ですので,これからは計算機自身が課題を設定する手法を考え,人間脳の解明や第二の脳としての活用を模索していきたいです.さらに,判別分析によって,計算機に何かの良し悪しなどを判断させることもできるため,脳波と操作などを対応付けることができれば,新たなインタフェースをデザインすることができるかもしれません.

Q 将来の夢・目標は?

データマイニングおよび機械学習があらゆる問題にどこまで貢献できるかを追求する仕事をすることです.これらは人間脳を具現化する学問とも言え,可能性は無限にあります.計算機がどこまで人間脳に近づけ,どのように超えていけるのか,その先を見てみたいと思うのです.