村上 雅哉

第三期生

情報科学研究科  情報ネットワーク学専攻

村上 雅哉 むらかみ まさや

[ 大阪大学 基礎工学部出身 ]

博士後期進学の決意と同時に、このプログラムへの応募が決まりました。

Q プログラムに応募した動機は?

当初は博士後期課程進学を考えていなかった私ですが、学部生活を過ごす中で、「博士号は、世界の第一線で活躍するためのライセンスである」ということを耳にすることがありました。博士号は、それを持たない人とは一線を画する錬磨された思考力を持つ証明書となり、その過程に意義があると。野心の強い私の心は徐々に揺らぎます。そんなときに、学科の担任の教授がこの魅力溢れて止まないプログラムを紹介してくださったのです。異分野の知見を取り入れ、イノベーションの方向を変えることのできるグローバルリーダーを育成するというこのプログラムの理念には大いに賛同し、「これや!これしかない!」と思ったのを覚えています。博士後期進学の決意と同時に、このプログラムへの応募が決まりました。

Q プログラムの魅力は?

様々な機会が提供されること、そして様々な人と交流を持てることです。もう、最高です。このプログラムに参加してまだ3ヶ月ですが、淡路島での新入生合宿、北海道でのリーディング学生会議に参加し、そして7月は奈良で若手研究者合宿があります。通常の大学院生活では味わえない経験ができ、人種や価値観、所属、専門分野を超えてブッ飛んだ人たちとぶつかり合えることが、本当に刺激的で楽しいです。今後も、プログラムが提供する機会を大いに活用し、自身の成長に繋げていきたいです。想像するだけで、わくわくが止まりません。

Q 将来の夢・目標は?

世界の笑顔20%増量。