峯 隆太郎

第五期生

基礎工学研究科  システム創成専攻

峯 隆太郎 みね りゅうたろう

[ 大阪大学 基礎工学部 ]

これまでの殻を破った世界で学ぶ

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

大学院に進学するにあたり、このまま研究活動を続けていても、狭い世界の研究者として終わってしまうのではないかと考えるようになりました。本プログラムは、生命や情報分野の最先端を行く研究者と仲間になり、議論することができる非常に貴重な場であると感じております。加えて、産学連携や金銭的な援助も非常に魅力的な点であると考えております。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私は、仮想世界の情報と現実世界の情報を融合させる複合現実感(MR)の研究を専門としております。現在は特にプロジェクタを用いた投影型MRに用いる、光学システムの構想と設計を対象に研究を行っております。本プログラムを通して、既存の手法にとらわれず自身のシステムの表現能力を評価することはできないか、また、自身の研究の応用先として他分野へ進出することはできないか、などの発展を考えております。

Q 将来の夢・目標は?

いくつになっても楽しく面白いと思えることを研究していきたいです。また、何か些細な事でもいいので、自分の研究によって人の生活を良い方向に変えていくことができたらと考えております。