HAGAD, JUAN LORENZO

第二期生

HAGAD, JUAN LORENZO

情報科学研究科 情報数理学専攻

インタビュー

科学への関心は父からの影響

「新しいアイデアや経験に、子どものような好奇心を持ち続ける大切さを父に教えてもらいました。数学や科学に興味を持つようになったのも父のおかげです」。科学の本を買ってもらったり、顕微鏡や化学の実験セットを買ってもらったり、博物館に連れて行ってもらったりしたことを覚えているそうだ。10歳の頃にはパソコンも買ってもらい、12歳ごろからはテキストのRPGなどゲームのプログラミングも始めた。

父からこうも言われた。「何か新しいものを見つけ、面白いと思ったら、傍観するのではなく、それを知ろうとすること。知りたいと思ったときに、自分の方法を見つけること」。

高校生の時、コンピューターサイエンス担当の教員に、校内のエキシビジョンやサンプルプログラムを任されたことが、この分野に進むきっかけになった。

人工知能で人々の暮らしをより良くしたい

大学ではコンピューターサイエンスを専攻。卒業後は4年間、大学の講師としてコンピューター言語などを教えていた。「単に知識として知っているというだけでは、人に十分教えることはできない。自分の弱いところを鍛える、とても良い機会になりました」。

現在、大学院では人工知能の研究をしている。心拍、皮膚の伝導度などのデータをウェアラブルセンサーで集め、深層学習を用いてメンタルストレスを測定することを研究している。深層学習を使うと、これまでの方法に比較して、とてもフレキシブルなモデルを作ることができる。

AIを用いれば、個人のニーズに応じて最適化したり、調整したり、様々な分野で、いろいろな進歩が可能だと考えている。

次の世代にも機会を提供したい

HWIPの融合研究で、異分野の学生と一緒にチームで研究に取り組んだことがとても楽しかったという。それまで知らなかった分野の知恵を得ることができ、関心も広がった。「融合研究で、バクテリアの行動からアルゴリズムを作ったこともあります。自然はいろいろな面白い機構を持っています。何億年もかけて築かれて、効率的な機構になっている。そのことに関心を持ちました」。

将来は、人工知能分野の研究者として、日本で仕事を見つけたいという。また、母国の若い研究者やイノベーターの卵を支援する奨学金を創設したいという夢も描く。フィリピンでは大学を出ると就職してしまう人が多く、研究を続けるチャンスが少ない。「自分が経験させてもらえた、大学院で研究を続けられるような機会を提供したいと考えています」。

2016年12月インタビュー

(実際のインタビューは英語混じりの日本語)