藤元 大河

第四期生

生命機能研究科  生命機能専攻

藤元 大河 ふじもと たいが

[ 大阪大学 基礎工学部 ]

アイディアを脳から直接取り出す未来

Q プログラムに応募した動機およびプログラムの魅力は?

自分が今見ているものや考えていることを脳内から情報として取り出すことができたらいいなと思っており、HWIPの方向性と自分の目指す道とが一致していたので応募しました。内容も資金も指導も全て手厚いサポートと聞いてとても魅力的でした。

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

専門は脳科学で、特に大脳皮質の視覚野の情報処理について学んでいます。プログラムでは、視覚という認知的な事柄と、情報処理という情報的な事柄をうまく融合させて研究できたらよいと思っています。

Q 将来の夢・目標は?

脳活動を計測することで、自分が考えていることを脳から直接取り出して、それを思考のサポートに役立てることができたら良いと思います。人々の思考活動を大幅に高めることで、考えることがより楽しくなったり、社会に大きく貢献できたりしたらいいなと思っています。