MENESES CARNERO ALEXIS JOSE

第三期生

MENESES CARNERO ALEXIS JOSE

基礎工学研究科 システム創成専攻

インタビュー

人への関心、電子工学への興味

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。肝心なことは、目に見えないんだよ」(『星の王子さま』アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ)。

7歳の頃から、この言葉が好きだったという。「最初は見たいものしか見えない。自分の見方を変えて、他の人が何を必要としているかを考えた時、それは、本当に何が起きているかについての、より優れた見方だと思います」。

人々の行動に子供の頃から興味があった。なぜそのような行動をするのか、それを理解したいという気持ちが強かったらしい。

11歳の頃からは、電気にも興味を持って勉強しようと思い始めた。電気関係の仕事をしていた父が、技師になるためのクラスに2年間通っていた。それに連れて行ってもらって、話を聞くのが大好きだったという。どうして照明がつくのか。コンピューターはなぜ動くのか。「その分野に深く携わりたいと思うようになりました」。

ロボットと音楽で、人間同士を共感させる

ペルーにいる時コンタクトした教授が、基礎工学研究科の石黒浩教授と共同研究をしたことがあり、その縁で石黒教授の研究に関心を持ち、「ここだ!」と思ったそうだ。「人を理解したいという石黒教授のコンセプトがとても好きです。電気に関する知識を、人々の行動を理解することに活かしたい」。

今は、人間同士を共感させることについて探求している。ロボットを、人と人をつないで共感させるために活用したり、さらに人々の同調を助けるために音楽を使ったりしようとしている。

「音楽は、人々を何かに巻き込む力がとても大きい。ミュージック・セラピーをロボティクスに応用したい」。自らもギター歴12年で、音楽は熱中しているものの一つ。その経験も活かされている。

教育面で母国に貢献したい

HWIPのインターンや融合研究などの多彩なカリキュラムのもと、様々な分野・組織でどのように研究が進められているか学ぶ機会が得られた。「自分の持つ工学的な視点だけではできない、異なる方法で世界の問題を見る上で助けになります」。

今の研究を、ひきこもりや、社交不安障害の人の問題解決のツールに役立てたいと考えている。教育への活用も視野にある。将来的にはペルーに戻り、研究の成果を社会に還元したい。起業して、教育を十分に受けてこなかった人にも活躍できる場を提供できれば、とも考えている。

2016年12月インタビュー

(実際のインタビューは英語)