立川 剛至

第六期生

情報科学研究科  バイオ情報工学専攻

立川 剛至 たつかわ つよし

[ 大阪大学基礎工学部出身 ]

刺激を求めて

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

情報科学以外の異なる分野に触れられ,各分野を専攻する学生と交流・議論・研究できることは良い経験になりますし,取り組み自体が純粋に面白そうだなと思い,ヒューマンウェアプログラムに応募しました.金銭的支援によって研究に専念できる点は,このプログラムの大きな魅力だと思います.

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

私は現在,深層学習の汎化性能の高さは何によるものなのかをパラメータ空間の損失の振る舞いから探る研究をしています.最終的に私が知りたいことは,「脳はどのようにして概念(のようなもの)を獲得するのか」ですが,今の研究との隔たりは大きいと感じています.なので,まずは本プログラムを通じて脳に関する生物学的知見を取り入れた上で,現在の研究をどこに活かせるのかを探っていきたいと考えています.

Q 将来の夢・目標は?

脳に限らず,未知への好奇心を強く持ち,未知の問題に対して挑戦し続けたいと思っています.