吉村 直也

第六期生

情報科学研究科  マルチメディア工学専攻

吉村 直也 よしむら なおや

[ 大阪大学工学部出身 ]

異分野融合による未知の世界の開拓

Q プログラムに応募した動機やプログラムの魅力は?

私は情報技術を専攻し,実空間とは異なるサイバー空間を操る術を探求しています.情報技術が実世界に影響を与えるには,実世界から情報を入力するだけでなく,実世界を操ることができる技術と結びつくことが必要です.ヒューマンウェアでは,現実世界のオブジェクトを操るライフサイエンスやロボティクスと情報技術の融合を推進しています.自分の持っている知識と同じ履修生が持つ異分野の知識を組み合わせることで,現実世界を変える新たな技術を生み大したいと思いこのプログラムに応募しました.

Q 自身の専門または得意分野は何で、プログラムでそれをどのように発展したい?

学部ではジェスチャ認識をはじめとする実世界センシングという,機械学習などを用いてスマートウォッチなどで取得したセンサデータから有益な情報を抽出することを行なっていました.より深くセンサデータの理解するためには,実世界の理解が必要です. このプログラムを通してロボットや生命など現実に形のあるものに洞察の深い仲間と知識を交換し合うことで,現実に即したセンサデータの理解を実現したいです.

Q 将来の夢・目標は?

センサデータによって現実をより深く理解し,人々の生活を楽しくする技術開発に貢献したいと考えています.