平成30年度 六期生 募集要項

ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムでは、別途ページに記載のアドミッション・ポリシーに基づき履修者選抜を実施します。

平成30年度 応募書類(様式1~6)  [zip file] (12月以降にダウンロードいただけます)

平成30年度 応募書類(様式1~6) 英語ガイド(ENGLISH Guide)  [zip file] (12月以降にダウンロードいただけます)

 

平成30年度(第六期生選抜) アドミッションポリシー・募集要項 冊子データをご覧いただけます。

1. 募集人数

<一般選抜> <特別選抜>
20名前後 若干名

2. 出願資格

<一般選抜> <特別選抜>
大阪大学大学院情報科学研究科(情報数理学専攻、コンピュータサイエンス専攻、情報システム工学専攻、情報ネットワーク学専攻、マルチメディア工学専攻、バイオ情報工学専攻)、基礎工学研究科(機能創成専攻、システム創成専攻)のいずれかの博士前期課程、あるいは生命機能研究科(生命機能専攻)博士5年一貫制課程に平成30年度4月に入学予定の者。 大阪大学大学院情報科学研究科(情報数理学専攻、コンピュータサイエンス専攻、情報システム工学専攻、情報ネットワーク学専攻、マルチメディア工学専攻、バイオ情報工学専攻)、基礎工学研究科(機能創成専攻、システム創成専攻)のいずれかの博士前期課程に、平成29年4月もしくは平成29年10月に入学した者。あるいは大阪大学大学院生命機能研究科(生命機能専攻)博士5年一貫制課程に、平成29年4月に入学した者。

※他の博士課程教育リーディングプログラムを重複して履修することはできません。

3. 選抜プロセス

願書受付 平成30年2月21日(水)~ 28日(水)
書類選考合格発表 平成30年3月  5日(月)
選抜(面接)試験 平成30年3月12日(月)
合格発表 平成30年3月16日(金)

4. 検定料

検定料は必要ありません。

5. 出願手続

「2.出願資格」に該当する者は、下記の要領で出願手続を行ってください。

出願方法 郵送又は願書受理場所への持参
願書受付期間 平成30年2月21日(水)~ 2月28日(水)
受付時間:午前9時30分~同11時30分、午後1時30分~同4時
願書受付場所 大阪大学 大学院情報科学研究科B棟6階(B602)
ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム  事務室
出願書類 出願に関する書類など一覧表の1~9
郵送の方法
宛先 〒565-0871大阪府吹田市山田丘1-5 大阪大学 大学院情報科学研究科B棟6階
ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム  事務室
送付時の注意 ※角形2号(縦33 cm×横24 cm程度)の封筒を利用し、必ず「書留速達」郵便で送付してください。
願書受付期間内必着とします。
封書の表に「一般選抜」「特別選抜」のいずれであるかを赤字で記載してください。

6. 出願に関する書類

平成30年度 応募書類(様式1~6)

1 <一般選抜>
本学大学院合格通知書(写し)又は大阪大学大学院合格証明書(様式1)
本学大学院合格通知書(写し)がない場合は、所定の用紙に、合格した研究科長名で証明したものでも可。
<特別選抜>
本学大学院在学証明書
2 履歴書(様式2) 【書類選考の対象】所定の用紙に記入してください。英語力検定試験(TOEIC、TOEFL、IELTS、その他)の成績について記載する場合は、スコア等を証明する書類の写しを添えて提出してください。
3 出願理由書(様式3) 【書類選考の対象】アドミッション・ポリシーを熟読した上で、所定の用紙に記入してください。
4 評価書(様式4) 【書類選考の対象】出願者のことをよく知る大学教員(出願者の卒業研究指導教員、大学院での受入れ予定教員等)が所定の用紙に記入し、厳封の上、提出してください。自己評価は不可。
5 履修願書(様式5) 所定の用紙に記入してください。
6 <一般選抜のみ>
卒業(見込)証明書
出身大学長等が作成したもの。
7 成績証明書 <一般選抜>出身大学長等が作成したもの。
<特別選抜>1.本学大学院入学前の最終学歴についての成績証明書(出身大学長等が作成したもの)。
                 2.在籍中の本学大学院の成績証明書
8 受験票・写真票(様式6) 所定の用紙に写真(3か月以内に撮影)を貼付し、記入してください。
9 受験票送付用封筒 長形3号(縦23.5cm×横12cm)の封筒に宛先を明記し、82円分の切手を貼付してください。

7. 選抜についての注意

  1. 書類選考は、履歴書、出願理由書、評価書により実施します。書類選考の合格発表はヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムホームページに受験番号を掲載することにより行います。
  2. 選抜試験は、書類選考合格者のみ受験できます。試験場所などの詳細な注意事項は、ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムホームページにて発表します。

8. 合格発表

ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムホームページにおいて、合格者の受験番号を掲載することにより発表するとともに、合格書類を願書記載住所へ送付します。電話、メールによる合否の問い合わせには応じません。

9. 履修手続

ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム履修者選抜に合格した場合は、履修手続が必要となります。ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムを履修することによる追加の入学料・授業料は必要ありません。詳細は合格者に連絡します。

10. 経済支援について

  1. 大阪大学では、ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムを履修する学生が学業及び研究に専念できるように、希望者に対して所定の選考を経た上で、奨励金(給付型)を支給する制度を設けています。なお、奨励金と重複して受給できない奨学金や給付型経費等が定められており、受給資格としては、次に掲げる基準をすべて満たす必要があります。
    ①     独立行政法人日本学術振興会の特別研究員(DC)として採用されていないこと。
    ②     独立行政法人日本学生支援機構の奨学金を受給していないこと及び貸与を受けていないこと。
    ③     国費留学生として日本政府(文部科学省)奨学金を受給していないこと。
    ④     留学生として母国の奨学金を受給していないこと。
    ⑤     本学独自の奨学金を受給していないこと。
    ⑥     奨励金受給期間中に報酬(アルバイト料を含む。)を受給しないこと。ただし、例外的に認められる条件があります。詳しくは奨励金ページをご確認ください。
  2. 本奨励金は所得として課税の対象となり、所得税・住民税の納付が求められます。その他、納税以外にも、国民健康保険や国民年金への加入が伴います。奨励金の申請方法などの詳細については、別途ホームページ等により通知します。
  3.  ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムにおいては、研究拠点形成費等補助金(リーディング大学院構築事業費)による本制度は、平成30年度までの予定です。

※奨励金以外にも、プログラムを履修するうえでさまざまな形の支援を用意しています。

11. 注意事項

  1. 出願書類に不備のある場合は受理できません。
  2. 出願手続後は、原則として記載事項の変更は認めません。
  3. 出願時に提出された書類は返却しません。
  4. 受験票は、出願手続後、受験票送付用封筒にて郵送します。
  5. 出願書類に虚偽の記載をした者は、履修決定後であっても履修の許可を取り消すことがあります。
  6. 身体に障害等がある者で、受験に際して特別な配慮を希望する場合は、原則として平成30年2月28日(水)までにヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム 事務室へ問い合わせてください。

12. 個人情報の取り扱いについて

  1. 出願時に提出された氏名、住所、その他の個人情報については、「履修者選抜(出願処理、選抜試験実施)」、「合格発表」、「履修手続」等の業務及びヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムに関する業務を行うために利用します。
  2. 履修者選抜に用いた試験成績等の個人情報は、選抜結果の集計・分析及び履修者選抜方法の調査・研究のために利用します。
  3. 上記 1 及び 2 の業務を行うに当たり、一部の業務を外部の事業者に委託する場合があります。この場合、外部の事業者と個人情報の取扱いが適切に行われるよう契約を結んだうえで、当該事業者に対して、提出された個人情報の全部又は一部を提供します。