情報科学にできることは何か

専門分野を深める、融合・連携に取り組む。
今、この両方の視点が求められています。

東野 輝夫 教授

Higashino, Teruo

情報科学研究科 モバイルコンピューティング講座

東野 輝夫 教授

東野教授のテーマは「スマートフォンやセンサーを使って何ができるか」。医療や防災の専門家とともに開発した「電子トリアージシステム」は、研究室の融合研究の一例です。

情報科学を通じた命を守る取り組み

トリアージとは負傷者の優先度を決定して分類することです。災害時には、たくさんの人がけがをします。阪神・淡路大震災以降、大規模災害発生時に「緊急の手当が必要か」など、治療の優先順位に応じて負傷者を分類し、優先順位を表す紙のタグを付けるということが行われてきました。ところが、負傷者の中には、タグを付けたときには優先度が低かったが、時間が経過して、優先的に治療しなくてはならなくなる人がいます。紙のタグではこうした患者さんの病状の急な変化には対応できません。また、混乱する現場では、治療の優先度の高い患者さんがどこにいるのか探しにくいという問題もあります。
電子トリアージシステムでは、紙のタグの代わりに小さなセンサーを患者さんの指先に付けます。このセンサーは患者さんからの脈拍などを自動測定し、患者さんの位置測定も行います。災害時の停電にも対応していますし、消防や医療チームなど救命救急に携わる人たちが使いやすいように配慮されています。
すでに電子トリアージシステムは、共同で研究している医学部の救命救急センターの待合室でも利用されています。救急車以外で救命救急センターに来院される方の中には、待合室で診察を待つ間に突然倒れる患者さんもいます。そこで、「大丈夫かな」と思われる患者さんにこのシステムを付けてもらうことで、待合室で倒れる人の数を1/3程度に減らすことができるようになりました。
dr2_higashino

融合研究で広がる問題意識

この研究は医工連携の一例ですが、そのほかには、環境系の研究室と共同でエネルギー削減に関する研究を進めています。また、人間科学系の先生たちとの群衆センシングの研究にも興味があり、大阪駅の北側にできたグランフロント大阪(通称うめきた)内でも実証実験を行っています。どこにどの程度人が集まっているか、ツイッターでどこにいる人がどんなことをつぶやいているのかなどを調べて可視化することで、コミュニティ形成に関する研究を進められるのではと思っています。
融合研究を進めていくと、当初我々のもっていたイメージと、異分野の人々や現場で対応に当たる人々の考え、ニーズがずいぶん異なっていることに気づきます。さまざまな方々と話し合ううちに、我々はどんな技術が提供できるのかを考えるようになり、今まで思いつかなかった問題設定が可能になるのです。これが融合研究のメリットだと思います。

OF とBY 両方の側面を

dr3_higashino情報の分野では「OF ICT からBY ICT」とよくいわれます。情報科学の中で研究、技術を進めるのではなく、情報科学を使って何ができるのかを考えろということですが、今は、OF(専門分野を深める)の部分にも、BY(専門外への貢献、連携)の分野にも取り組める人材が求められていると思います。この流れは情報科学分野に限ったことだけではないでしょう。幅広い知見をもった人材の育成が大切だと思います。  このヒューマンウエアイノベーションプログラムが、そのような幅の広い研究に取り組める若い人々を育てる場になればと考えています。

研究室のホームページはこちらから