ヒューマンウェア セミナー合宿 ~思いっきり斉同熟議~

2017.4.14-16 

第5期生を迎える4月、新入生ガイダンスを終えた4月14~16日(2泊3日)の計画で、京都の合宿施設にてセミナー合宿を行いました。これは1年次の必須授業である「ヒューマンウェアセミナー」の一部です。

新入生にとっては、プログラムのこと、同期生、そして先輩・先生を知り、親睦を深めるだけでなく、様々な分野から集まった人と議論をする能力を養う“斉同熟議”のスタートとなります。大学院生となり、今後の自身の目的や未来像の形成を始める機会の一つとして実施します。合宿には途中から1泊2日で、先輩達も加わり、研究科、そして学年を越えた交流が行われました。

この合宿では毎日、朝から晩までみっちりと頭を使って議論を行いました。正に斉同熟議であり、今年も終わった後にはみんなヘトヘトです。また今年度は英語しか使ってはいけない時間がインターバルで半分入りましたので、さらに大変だったでしょう。今年度の新入生も、やはり先輩の学年とは違ったカラーを持ち、とても元気があって志が高い面々が集まりました。この新入生同士の深い議論はもちろんのこと、さらに先輩との深い議論もみっちりと行われ、とても充実して楽しい合宿となりました。さてさて、ここから今年度も楽しんでいきましょう!

2017年度合宿の様子


ウェルカム新入生!

 
上級生が新入生の教育にボランティア参加して手持ちのポスターセッション。

 
少ない講義と多い議論、白熱です。

 
議論を重ねて、無茶ブリ気味のプレゼンです。残り7秒!

 
身体は資本です。チームビルディングを楽しんでいるようです。ちゃんと前向けよ。

 
Yeahhh!!! Cool!!! 今回合宿頻発上位2位のワードです。高さで競ってます。


おつかれさまー!楽しく学びました!!!今年も元気な新入生でさらに楽しみです!
博士にしかない哲学&専門性と、従来の博士が持たない広さ&人間力を兼ね備えた人材がここからわんさか生まれるように!!!

[昨年のセミナー合宿の様子]   昨年の報告 >>

学生の声(レポートの抜粋)

八木 聡明
最初はお互いに名前も知らない状態で始まった合宿でしたが、自己紹介や研究に関するディスカッションを通して打ち解け合うことができました。2日目からは有志で参加してくださった先輩も交えてグループワークを行いました。初対面にも関わらずとても優しくしてくださり、5年間このメンバーで頑張りたいと思いました。

岸田 捷暉
この合宿では自分の思いを伝えること、積極性などの課題を発見する事ができました。初めは英語で表現できずに黙ってしまう場面もありましたが、徐々に片言の英語でも、単語でもいいので何か話そうと心がけると気持ちが楽になり、すこし楽しめるようになりました。すごく不安なまま望んだ合宿ではありましたが、得るものは多かったです。特にコミュニケーション能力の必要性は痛感しました。しかしまずは、自分の研究について誰にも負けない知識を持って、自信を持って話せるように努力したいと考えています。

小澤 誠
5期生のみんなと仲良くなれたことが最も大きな収穫であった。はじめは名前や顔すら知らない仲であったが、3日間の過密スケジュールを過ごす中で、各々の研究内容や興味の対象から、時にその背景や人柄に至るまで知り合うことができた。また、数々の議論や発表・質疑応答は新しい知識や経験を与えると同時に、私自身の現状や能力を浮き彫りにし、様々な課題を示してくれた。そして、先輩や先生方との交流はHWIPの全体像の把握に寄与し、より具体的な未来像の形成を助けるものであった。

沈 靖程
今回の合宿でいろんなことを学びました.心を込めて先生たち・先輩たちにお礼を言います.学んだことは具体的に三つが有ります. 1.英語のプレゼンテーションを練習しました.そして,ネーティブ・準ネーティブの方から英語の心得をもらいました. 2.リーダシップ・イノベーションについての講義を受け,自分の将来を考えました. 3.発表・議論・協力により,皆の研究の内容・方向を知り,これから誰と何を研究するのかを考案します.

佐々木 隆明
合宿は数多くのディスカッションで構成され、また食事の際にも他の履修生の方々と話す機会がありました。こういった活動の中で、私には自分の考えを的確に表現する力が不足していると気付かされました。しっかりと反省し、今後のHWIPの活動の中で改善していきたいと考えています。 そのほか個人的に有意義であったのは、食事中に同期の方々と融合研究のテーマについて話し合えたことです。今まで考えもつかなかったような研究テーマが編み出され、夢が広がりました。

Zang Minbo
1. What is innovation? In my opinion, innovation is to do the thing that no one did in the past, no one is doing at present, and no one will do in the future. 2. How to innovate? To me, I think the last one, to do the thing that no one will do in the future is my final goal. To do this, first, I should lay a solid foundation of my own research field, next, get inspiration from those who are excellent in various research fields, and the last one, may be the most important one, never give up easily until the ends of last minutes. 3. What is fusion research? Have you heard about RGB color model? In this model, three colors: Red, Green, and Blue are added together in various ways to reproduce various colors, and I think fusion research is quite similar to this model, that is 1+1+1>3, thus, fusion research could create infinite possibility.

姜 淳熙
知り合って間もないメンバー同士の合宿だったので、初日目は不安でいっぱいでしたが、合宿を終えてみると日本人、留学生問わずHWIPを履修する仲間として交流が深まったと思います。また、合宿中は英語のみでのディスカッション、プレゼン発表を行ったり、短時間でのアイデア創出を行うなど、自身が研究を行っていく上でまだまだ足りない部分に気付かされました。今後のプログラムへの参加意欲も大きく向上したと思います。

于 士琪
本当に楽しみました!こんな面白い授業があるのは前に思いませんでした。楽しかった同時、確実に幾つか素晴らしいアイデアを見つけ、「貴重なもの」を得た。其の一は「議論のこつは重要」。他の学生(特に上級生)と議論する時、話すだけではない、他の生徒が自分の考えを理解し議論するようにする為に、話すよりもはるかに多くのテクニックが必要である。議論に対してある程度の表現力と意欲を向上させる事も大事である。今まで信じていた其の二は、傑作はチームワークから出すということ。良いチームは研究を融合させることできる。「3人寄れば文殊の知恵」、一人の力より、チームの方が「驚き」があります。
I really enjoyed the time we spent at this camp! I had never thought about that a class can be interesting like this. And I also found some great ideas and learned many valuable things indeed. Firstly I think it is very important to improve the communicating technique with other students(especially senior students). Communication is not only a talk, to make other students understand and discuss your thinkings, there are much more things to do than talking, including how you express yourself and make others willing to communicate with you. Second which I still believed in till now is that masterpiece is made by teamwork. Teamwork can fuse research together and “We” bring more discoveries. Although individual concentration is vital, knowledge that “Me” know is too little.

Kevin Stapleton (kako)
This camp was amazing. The course schedule was intensely comprehensive and included extremely useful exercises, presentations and informative lectures on how to begin innovation by communication across disciplines. Most importantly, this program really gave me a unique space to feel comfortable asking the “simple” or “basic” questions about highly specialized fields. This in turn, highlighted gaps in knowledge and generated an atmosphere of mutual respect followed by heightened (and sometimes amusing) discussion. From the extremely complex models to the extremely simple ones. From complete ignorance of a persons research field, to clarity and understanding. From communication to innovation. I think the most important lesson I received from the Humanware Spring Camp was this: Expressing your ignorance in the pursuit of knowledge and understanding, can be just as informative as it can be innovative. I believe everyone felt this way. And I consider myself lucky to have been apart of it.

竹澤 拓朗
分野の異なる人に自分の研究のポイントをわかりやすく説明することがどれほど難しいことかを認識した.分野によって知識の前提が異なるため自分では当たり前のことも聞き手によってはそうでないことを痛感すると同時に逆の立場でも同じことが言えると感じた.そのため,異分野の人の研究でもわからないところはわからないと認め,質問することが大事だと感じた.また,本合宿を通して他の履修生や先輩方の研究に触れることができ,興味対象が広がった.

富田 風太
楽しさ半分悔しさ半分な合宿となりました. HWの学生は全然違った知識とそこから生じたであろう価値観を持っていて,それらを知り,解釈し,理解することはとても興味深かったです.その半面自分と全くバックグラウンドが異なる人への説明の仕方の困難さ,自分の説明能力の乏しさを痛感しました.それらができた上で初めて融合研究が可能になるのだろうと感じました.今回の合宿では英語に触れる機会が多く,英語で自分の考えを伝えることができなかったこともかなり悔しかったです.

Thomas Rodrigues Crespo
The camp was an incredible opportunity to create an initial strong bond with other HW students and already made me feel comfortable to approach some of them during this past week to talk about their research and related points that can be relevant to my study interests. Surprisingly, the timed presentations about myself and after the group discussions made me think a lot about how important is to be concise when presenting your idea, since in case of someone being interested you can explain afterwards with more details. This is something I want to improve in this program!