なにわ橋駅の構内でアウトリーチ(必須講義:アウトリーチ2016)

2016.12.02 京阪電車なにわ橋駅の地下一階、アートエリアB1(ラボカフェ)

12月2日、夜の7時~9時に、大阪市中心の中之島にある、京阪電車なにわ橋駅の地下一階、アートエリアB1(ラボカフェ)にて、一般の方々を対象に、履修生の研究活動についてのアウトリーチを行いました。

このイベントは2年次の必須カリキュラムであるアウトリーチ演習の一環として行われました。アウトリーチ演習では、まず7月に座学の集中講義で、JST 日本科学未来館の科学コミュニケーション専門主任である森田由子先生、および東京大学にて科学コミュニケーションを専門とする関谷翔先生から、アウトリーチやコミュニケーションのオーバービューを教わります(先生方、いつも履修生の教育にご協力いただき、誠にありがとうございます)。その技法を実践する機会として、11月には大阪大学の学祭にてアウトリーチを行いました。そしてさらに、このイベントでは学外において学外の方々に、履修生自身が考えたテーマにより、企画・準備・実施を行いました。学会発表などとは異なり、駅構内でのアウトリーチは履修生にとっては初めての経験です(会場の後ろ側は駅の通路で開放されています)。様々な広報の手段を利用して宣伝した成果もあり、想定以上の参加があり盛り上がりました。

企画当初から、履修生はできる限り一般の方々に興味を持ってもらえるようなテーマを考えました。さらに、できる限りご来場いただくために最適な短い文章を考案しました。この中でも、インパクトと正確性の関係や、大阪大学の看板を背負う発言責任など、様々なことを議論し、学びました。そしてイベントを具体的に想定し、それに対して適切なスタイルを考案しました。その結果、ご来場者が自分で話をしたいテーマを決めることができるブース型を採用しました。また同級生による共同作業を学生のみで運営するため、全体統括やサブリーダーなど、役割を決めて運営しました。当日は、脳、ロボット、情報通信、数学、機器のデモなど、一般的にも興味深いと考えられるテーマについてご来場者と議論ができる環境を提供しました。学生たちの熱意のこもった行動に加え、ご来場の方々の積極的な参加などのご協力もあり、実際に多くの方々と熱く楽しく議論することができました。ご来場者のアンケートからは大変満足していただけたことがわかり、非常に実りあるイベントとなりました。

このように、大阪大学の外に対して、大阪大学の期待の学生たちが今現状で進めている研究を伝える会を自分たちでデザインして実施し、情報発信をするとともに、その本番を通してアウトリーチを学びました。

この学外アウトリーチは、大阪大学21世紀懐徳堂、および京阪電車なにわ橋駅「アートエリアB1」の多大な協力を得て開催されました。誠にありがとうございました。

履修生の声

大渕拓也(情報科学研究科、3期生)
学外アウトリーチで幹事を務め,他の幹事と協力してイベントのテーマを練る他,広報の仕事に携わった.イベントのテーマ設定では,お客さんのペルソナが十分に把握できないため,興味をもってもらえるようなテーマの設定が非常に困難であった.幹事の中で議論を重ねながらイベントのリード文を仕上げたことは良い勉強になった.広報の仕事では,21世紀懐徳堂様から協力を得られたため,当初思っていたよりも広範囲に広告を配置することができ,イベント当日も満足いく人数のお客さんに来ていただけて本当に良かった.反省点としては,広告の配布からイベント当日まであまり時間がなかったため,もっと早く仕事を進められれば良かった.

酒井和紀(基礎工学研究科、3期生)
学外アウトリーチ(ラボカフェ)の幹事をやりました.特に内容が決められていないなかで,誰を対象にして,何を話すのかを企画する難しさを感じました.何を伝えればお客さんにとって利益になるのか,またその内容に対して自分たちがどの程度責任をもって話すことができるのかということを考え,それを最後イベントを行うところまでもっていけたことはとても貴重な経験になったと感じています.タイムマネジメント,広告の重要性,いろんな人との連携など,様々なことを考えながらやきもきすることもありましたが,来てくださったお客さんの反応がよかったことが何よりうれしく感じました.

田中祐(生命機能研究科、3期生)
様々な企画がある中でも、完全に学外を意識できるものはHWの企画の中でも学外アウトリーチだけであろう。そのぶん、発言内容の責任問題や技術に対する意識の違いといった、社会的な色合いの強い事柄まで、企画を決めるうえで考えなければならない。このような機会はただ研究をして、学会で交流しているだけでは得られないものであり、社会に出るにせよ、学術領域を進むにせよ、早くから経験しておいてよかったと思う。

配布チラシ