履修生と企業との交流会「PhD-Industry Networking Day 2018」

2018.12.20 ナレッジキャピタル カンファレンスルームC01-02(グランフロント大阪)

履修生と企業との交流会を開催しました。

【本交流会は終了しました、多数のご参加ありがとうございました。】

情報、生命、基礎工学など多様な分野、融合領域で活躍する博士人材と研究シーズが皆様をお待ちしています!
大阪大学の優秀な博士人材に、ぜひ会いに来て下さい。

2018年12月20日(木)
時間: 受付 13:00(イベント開始 13:30)
会場: ナレッジキャピタル カンファレンスルームC01-02
グランフロント大阪 北館 タワーC 8F

【参加無料・入退場自由】

* 当日のショートプレゼン・タイムテーブルを公開しました。(2018.12.18更新)


参加申込み

申し込みフォーム

*事前登録なしでもご参加いただけますが、申込み多数の場合は当日のご参加をお断りする場合がございます。できるだけ上記フォームより事前登録をお願い致します。

*今回のイベントに参加できない方で、今後同様のイベントの案内やプログラムからのお知らせ等の受信をご希望の方は、こちらにご登録下さい。

*もし、申し込みフォームからお申し込みができない場合は、sangaku@zenis.co.jp宛に以下の情報をお送りください。
・ お名前・ふりがな
・ メールアドレス
・ ご所属・部署・役職
・ 本イベントを知ったきっかけ
・ イベント参加の目的(博士人材の採用に関心がある、インターンシップ受け入れに関心がある、大学の最新の研究テーマに関心がある、博士課程教育リーディングプログラムに関心がある、その他)

[企画・運営委託 株式会社ZENIS]


参加学生の所属・研究キーワード等

[参加学生の研究分野]
情報学系、工学系、生命科学・医学系
*企業への就職も視野に入れて活動する学生、インターンシップ先を探している学生、研究テーマに対し産業界からのフィードバックを得たいと志向する学生など、30名程度を予定。(博士前期課程2年から博士後期課程3年まで)

[研究キーワード]*一部
機械学習、脳波、オートファジー、ミトコンドリア、対話ロボット、ネットワーク制御、自己組織化、脳情報処理プロセス、情報ネットワーク制御、対話システム、アンドロイド、視聴覚認知、ニューロフィードバック、DNAナノテクノロジー、イメージング、遺伝子発現解析、細胞内エネルギー測定、ロボット制御、ロボットシステム開発、 データマイニング、ウェアラブルデバイス、神経生理学、視覚、生体運動制御、生体信号解析、分散アルゴリズム、自律適応型システム、エピジェネティクス、幹細胞培養、分子モーター、遺伝子改変マウス、細胞内膜動態

[研究テーマ]
参加学生キーワード・研究テーマリスト(2018.12.18更新)


▼ HWIPの履修生については、以下の特設コンテンツもぜひご覧下さい。
「ヒューマンウェアとは何か?」「このプログラムを履修した学生はどのような人材なのか?」
皆様から多く寄せられる疑問に、履修生と修了生へのアンケート結果にもとづいてお答えしています。


[主催]
ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム

[協力]
超域イノベーション博士課程プログラム
生体統御ネットワーク医学教育プログラム